Back

News

WTCCプレゼンターが選ぶベストモーメントはハフの「ありがとう」

WTCCプレゼンターが選ぶベストモーメントはハフの「ありがとう」

18/08/2015 13:00

2015年シーズン、ここまでのWTCC All Access Magazineのハイライトは、 6月のROSNEFT WTCCロシアラウンドで表彰台に立ったロブ・ハフが何度も口にした「ありがとう」だ。

プレゼンターたちがこれまでの舞台裏から5つのベストモーメントを選び、お気に入りに選ばれたのが、モスクワ・レースウェイでのレース後にハフが次々にお礼を言っていた場面だ。

チームにとってホームでのイベントとなったロシアラウンドで2位に入ったハフは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチのチームとパートナーに感謝した。ラーダ・ベスタTC1の初の表彰台入りだった。

そのほかに選ばれたのは、ノルベルト・ミケリスがハンガロリンクで勝利する前にファンにあいさつした場面や、トム・チルトンがロシアでコメディアンのようだった場面、スロバキアでのQ3中の舞台裏、そしてチアゴ・モンテイロがアルゼンチンでファンとセルフィーを撮っていた場面だ。

映像はこちらをクリック。近く発表のオーバーテイクのトップ5、クラッシュのトップ5もお見逃しなく。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。