Back

News

ホンダ、4台のシビックに60キロのウェイト調整

ホンダ、4台のシビックに60キロのウェイト調整

18/06/2015 01:53

スロバキアでのWTCC第11戦と第12戦で、4台のホンダ・シビックは最大60キロのウェイト調整が入ることになった。だが、ガブリエル・タルキーニは、ホンダがそれに値すると述べている。

4台すべてが60キロのウェイトつきでシーズン開幕を迎えたが、ラウンドごとの結果に応じてその後のレースではウェイトが減らされていった。シトロエンCエリーゼのウェイトは変わっていないが、シボレーRMLクルーズ、ラーダ・ベスタ、そしてホンダのウェイトは軽減されている。

だが、前回のロシアラウンドでのホンダの勝利により、ホンダは最大ウェイトをつけることになった。一方、シボレーはロシアでの60キロから50キロに変更となる。

タルキーニは「ロシアでの成功は、僕らが60キロのウェイトをつけることになるという意味だ。少し厳しくなるけどね」と述べている。

現在のTC1マシンでウェイト調整がないのはラーダのみとなっている。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。