Back

News

ホンダ、4台のシビックに60キロのウェイト調整

ホンダ、4台のシビックに60キロのウェイト調整

18/06/2015 01:53

スロバキアでのWTCC第11戦と第12戦で、4台のホンダ・シビックは最大60キロのウェイト調整が入ることになった。だが、ガブリエル・タルキーニは、ホンダがそれに値すると述べている。

4台すべてが60キロのウェイトつきでシーズン開幕を迎えたが、ラウンドごとの結果に応じてその後のレースではウェイトが減らされていった。シトロエンCエリーゼのウェイトは変わっていないが、シボレーRMLクルーズ、ラーダ・ベスタ、そしてホンダのウェイトは軽減されている。

だが、前回のロシアラウンドでのホンダの勝利により、ホンダは最大ウェイトをつけることになった。一方、シボレーはロシアでの60キロから50キロに変更となる。

タルキーニは「ロシアでの成功は、僕らが60キロのウェイトをつけることになるという意味だ。少し厳しくなるけどね」と述べている。

現在のTC1マシンでウェイト調整がないのはラーダのみとなっている。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。