Back

News

日本ラウンドがタルキーニにとってホームなのは…

日本ラウンドがタルキーニにとってホームなのは…

03/08/2015 12:00

来月日本で開催されるWTCC日本ラウンドは、ガブリエル・タルキーニにとって「ホーム」でのラウンドとなる。

母国イタリアでWTCCが開催されていないため、カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームのドライバーは、JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドが、自分にとってホームでのラウンドだと述べている。

2009年の王者で、前回のポルトガルでのラウンドで表彰台に立ったタルキーニは、「僕のホームレースだ。個人的なホームレースなんだよ。イタリアでレースがないから、僕は2倍の努力で非常に良い週末にしたい」と語った。

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドは、9月11日から13日まで、ホンダが所有するツインリンクもてぎで開催される。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。