Back

News

WTCCでベストのシトロエンがさらに向上?

WTCCでベストのシトロエンがさらに向上?

08/09/2015 08:00

シトロエンの先導的なCエリーゼWTCCは、今週日本で開催されるWTCCでさらに向上するかもしれない。

フランスのシトロエンは今季のWTCCで16戦中14勝。常にポールポジションを獲得している。だが、それに甘んじることなく、シトロエンは夏の中断期間もハードワークを続けた。セバスティアン・ローブ、ホセ・マリア・ロペス、マ・チンホワ、イヴァン・ミュラーのファクトリードライバー4名が、スペインのモーターランド・アラゴンでテストを行っている。

シトロエン・トータルのWTCCテクニカルチーフを務めるサビエル・メステラン=ピノン氏は、「新しいパーツをテストするより、我々はすでにあるものの最適化に集中した。レース期間中は振り返ってすべてを細かく分析する時間が常にあるわけじゃない。だから、解決できていない問題がたくさんあったんだ」と説明した。

「セッションは主に3つの側面に集中して行われた。差動装置、ブレーキングの調和、そしてリアエンド部品だ。これからより効果的にやるための助けとなることを学んだよ。今からシーズン終了まで、経験したことのない3つのサーキットを訪れるから、非常に重要となるだろう」。

JVC KENWOOD WTCC日本ラウンドは、11日から13日までツインリンクもてぎで開催される。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。