Back

News

WTCC、来年からツール・ド・フランス形式のタイムトライアルを導入

WTCC、来年からツール・ド・フランス形式のタイムトライアルを導入

02/10/2015 11:00

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツは、来年のWTCCでは各ラウンドで、ツール・ド・フランスのような各チームによるタイムトライアルが導入されると発表した。

新形式は前回のFIAのツーリングカー委員会で承認されており、2016年のWTCCレギュレーションに導入するには、通常のFIAの承認プロセス待ちとなる。

「Manufacturers Against the Clock」(MAC3)と名付けられた新形式は、テレビ放映やユーロスポーツでのライブストリーミングで世界中に放映される。

MAC3はQ3終了直後に行われ、各チームにつき3名のドライバーがノミネートされる。各ドライバーたちは、マニュファクチャラー選手権に向けたポイントを獲得することになる。

MAC3の5つの要点
1: マニュファクチャラーチームがスタンディングスタートし、3台のうち最初の1台がスタートラインを越えたところで測定スタート。3台のうち最後の1台が必要ラップ数を走り切った時点でストップ。

2: ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでは1ラップでの計測となる。そのほかのサーキットでは、最低10キロを走行する。

3: 最速チームがMAC3勝利となり、ラウンドごとにマニュファクチャラー選手権で10ポイントが加算される。2位のマニュファクチャラーは8ポイント。10-8-6-3-2-1の形で各チームがポイントを手にする。

4: Q3終了からMAC3開始までにパルクフェルメが行われるが、各マシンは燃料補給や新タイヤセッティングが可能。

5: MAC3で競う順番は、マニュファクチャラー選手権のリバース順となる。そうすることで、よりドラマティックになり、盛り上がる。

詳細をご希望の方は、こちらのビデオをご覧ください。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。