Back

News

WTCCに休みなし

WTCCに休みなし

16/03/2015 09:53

WTCCでハードワークが立ち止まることはない。ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは仕事を続けている。

シーズン開幕ラウンドが行われたアルゼンチンからモロッコに向け、マシンや部品が船で運ばれるまで、WTCCの大半のチームはトラックから離れる。一方で、ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは、第3戦と第4戦を前にさらにテストを行える状態だ。

ロシアのラーダ・スポオーツはフランスとポルトガルでテストを行う予定。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は新型ベスタTC1をプレシーズンで走らせられなかったことを埋め合わせたいと願っている。

シャポバロフ氏は「我々は本当にレース情報や新マシンのデータなしに(アルゼンチン)に来た。そしてさらなるテストのためにミーティングをしていた」と語った。「今ではライバルたちに対して自分たちがどこにいるかをより把握できたよ。良い知らせだ。ベスタには争えるだけのスピードがある。次はマラケシュで参戦する際にライバルたちと渡り合えるように、調整と信頼性の向上を目指さなければならない」。

一方、クラフト・バンブーのリチャード・コールマンCEOは、「できれば欧州に戻り、さらなるテストを行いたい。第2ラウンドに向けて大きく改善できると確信している」と述べた。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。