Back

News

WTCCに休みなし

WTCCに休みなし

16/03/2015 09:53

WTCCでハードワークが立ち止まることはない。ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは仕事を続けている。

シーズン開幕ラウンドが行われたアルゼンチンからモロッコに向け、マシンや部品が船で運ばれるまで、WTCCの大半のチームはトラックから離れる。一方で、ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは、第3戦と第4戦を前にさらにテストを行える状態だ。

ロシアのラーダ・スポオーツはフランスとポルトガルでテストを行う予定。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は新型ベスタTC1をプレシーズンで走らせられなかったことを埋め合わせたいと願っている。

シャポバロフ氏は「我々は本当にレース情報や新マシンのデータなしに(アルゼンチン)に来た。そしてさらなるテストのためにミーティングをしていた」と語った。「今ではライバルたちに対して自分たちがどこにいるかをより把握できたよ。良い知らせだ。ベスタには争えるだけのスピードがある。次はマラケシュで参戦する際にライバルたちと渡り合えるように、調整と信頼性の向上を目指さなければならない」。

一方、クラフト・バンブーのリチャード・コールマンCEOは、「できれば欧州に戻り、さらなるテストを行いたい。第2ラウンドに向けて大きく改善できると確信している」と述べた。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。