Back

News

WTCCに休みなし

WTCCに休みなし

16/03/2015 09:53

WTCCでハードワークが立ち止まることはない。ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは仕事を続けている。

シーズン開幕ラウンドが行われたアルゼンチンからモロッコに向け、マシンや部品が船で運ばれるまで、WTCCの大半のチームはトラックから離れる。一方で、ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは、第3戦と第4戦を前にさらにテストを行える状態だ。

ロシアのラーダ・スポオーツはフランスとポルトガルでテストを行う予定。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は新型ベスタTC1をプレシーズンで走らせられなかったことを埋め合わせたいと願っている。

シャポバロフ氏は「我々は本当にレース情報や新マシンのデータなしに(アルゼンチン)に来た。そしてさらなるテストのためにミーティングをしていた」と語った。「今ではライバルたちに対して自分たちがどこにいるかをより把握できたよ。良い知らせだ。ベスタには争えるだけのスピードがある。次はマラケシュで参戦する際にライバルたちと渡り合えるように、調整と信頼性の向上を目指さなければならない」。

一方、クラフト・バンブーのリチャード・コールマンCEOは、「できれば欧州に戻り、さらなるテストを行いたい。第2ラウンドに向けて大きく改善できると確信している」と述べた。

ポールスター・シアン・レーシングのボルボS60ポールスターTC1が、ウェイトなしで8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドに臨むこととなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。