Back

News

WTCCに休みなし

WTCCに休みなし

16/03/2015 09:53

WTCCでハードワークが立ち止まることはない。ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは仕事を続けている。

シーズン開幕ラウンドが行われたアルゼンチンからモロッコに向け、マシンや部品が船で運ばれるまで、WTCCの大半のチームはトラックから離れる。一方で、ラーダ・スポーツ・ロスネフトとクラフト・バンブー・レーシングは、第3戦と第4戦を前にさらにテストを行える状態だ。

ロシアのラーダ・スポオーツはフランスとポルトガルでテストを行う予定。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏は新型ベスタTC1をプレシーズンで走らせられなかったことを埋め合わせたいと願っている。

シャポバロフ氏は「我々は本当にレース情報や新マシンのデータなしに(アルゼンチン)に来た。そしてさらなるテストのためにミーティングをしていた」と語った。「今ではライバルたちに対して自分たちがどこにいるかをより把握できたよ。良い知らせだ。ベスタには争えるだけのスピードがある。次はマラケシュで参戦する際にライバルたちと渡り合えるように、調整と信頼性の向上を目指さなければならない」。

一方、クラフト・バンブーのリチャード・コールマンCEOは、「できれば欧州に戻り、さらなるテストを行いたい。第2ラウンドに向けて大きく改善できると確信している」と述べた。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。

...

03/12/2016 14:19 - 2016

2日にFIA授賞式でWTCCでの3連覇を正式に表彰された翌日、ホセ・マリア・ロペスはニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ・ベストドライバー・トロフィーを受賞した。ロペスは今季、伝説のトラックで2連勝を飾っている。