Back

News

WTCCに新たに参戦のボルボ、テストは順調

WTCCに新たに参戦のボルボ、テストは順調

30/11/2015 22:00

ポールスター・シアン・レーシングは、2016年のWTCC参戦に向けて準備を進めており、最近では何度かテストを成功させている。

スウェーデンの高級自動車ブランドは、来季から複数年契約でWTCCに戻ってくる。その来年のシーズンに向けて、テッド・ビョーク、ロバート・ダールグレン、フレデリク・エクブロムの3人は、ボルボS60ポールスターTC1をテストしている。

ポールスター・シアン・レーシングのチームマネジャーであるフレデリク・ワーレン氏は、「予定どおりにテストスケジュールをこなすことができた。ここまでは大きな問題もない。多くの疑問に対する答えを手にした」と述べた。「まだ今はWTCCに向けて土台をつくっているところで、進化のレベルは初期段階だ。我々にはまだ多くの仕事が残されている。だがもちろん、良い形でテスト計画を始めることができたのは良かった」。

スウェーデン・ツーリング・カー王者のビョークは、「僕たちは最初のテストからマシンを前進させてきた。もちろん、まだまだ最初の段階ではあるけど、ここまでは本当に良い経験をしている」と述べている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。