Back

News

WTCCのタイムトラベラー、ハフがクラシックマシンのレースへ

WTCCのタイムトラベラー、ハフがクラシックマシンのレースへ

20/03/2015 11:06

ロブ・ハフが新型ラーダ・ベスタから、2つのクラシックマシンに乗り越える。今週末にイギリスで開催されるグッドウッド・メンバーズ・ミーティングでデビューするのだ。

2012年のWTCC王者で、最多出場記録を持つハフは、アルゼンチンラウンド予選のQ1で最速記録を出し、2015年のWTCCシーズンで見事なスタートを切った。

そのハフが時代をさかのぼる。1950年代と60年代のモーターレースのスピリットを再現するグッドウッドで、グループ1のフォード・カプリとジャガーEタイプ・ロー・ドラッグ・クーペをドライブするのだ。

グッドウッド・メンバーズ・ミーティングには初参戦のハフだが、伝説的な全長3.8キロのトラックは経験している。昨季のグッドウッドのRAC TTセレブレーションでジャガーをドライブしたからだ。

ハフは21一のグラハムヒル・トロフィーで友人のリチャード・マインスとジャガーをシェア。22日のジェリー・マーシャルではフォード・カプリIII 3.0Sをやはりマインスとシェアする。

4月17日から19日のモロッコラウンドではWTCCに戻るハフは、「ジャガーが1961年に初めてグッドウッドでレースをしたときは、6位が最高成績だった。リチャートと僕が昨年のリバイバルで5位に入るまでね」と語った。「僕らは冬を通じていろいろ調整してきたんだ。だから、もっと速くなっているはずだし、勝ちたいね」。

「リチャードの新しいカプリもドライブする。僕ら双方にとって新しいことだ。マシンは見事に修復されているし、何ができるか興奮しているよ。こういうクラシックマシンでのレースを始めたときは、傷つけないかが最も心配だったんだけど、リチャードが言っているように、レースをしたくないならレースのトラックに戻さなかっただろうしね」

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。