Back

News

WTCCのタイムトラベラー、ハフがクラシックマシンのレースへ

WTCCのタイムトラベラー、ハフがクラシックマシンのレースへ

20/03/2015 11:06

ロブ・ハフが新型ラーダ・ベスタから、2つのクラシックマシンに乗り越える。今週末にイギリスで開催されるグッドウッド・メンバーズ・ミーティングでデビューするのだ。

2012年のWTCC王者で、最多出場記録を持つハフは、アルゼンチンラウンド予選のQ1で最速記録を出し、2015年のWTCCシーズンで見事なスタートを切った。

そのハフが時代をさかのぼる。1950年代と60年代のモーターレースのスピリットを再現するグッドウッドで、グループ1のフォード・カプリとジャガーEタイプ・ロー・ドラッグ・クーペをドライブするのだ。

グッドウッド・メンバーズ・ミーティングには初参戦のハフだが、伝説的な全長3.8キロのトラックは経験している。昨季のグッドウッドのRAC TTセレブレーションでジャガーをドライブしたからだ。

ハフは21一のグラハムヒル・トロフィーで友人のリチャード・マインスとジャガーをシェア。22日のジェリー・マーシャルではフォード・カプリIII 3.0Sをやはりマインスとシェアする。

4月17日から19日のモロッコラウンドではWTCCに戻るハフは、「ジャガーが1961年に初めてグッドウッドでレースをしたときは、6位が最高成績だった。リチャートと僕が昨年のリバイバルで5位に入るまでね」と語った。「僕らは冬を通じていろいろ調整してきたんだ。だから、もっと速くなっているはずだし、勝ちたいね」。

「リチャードの新しいカプリもドライブする。僕ら双方にとって新しいことだ。マシンは見事に修復されているし、何ができるか興奮しているよ。こういうクラシックマシンでのレースを始めたときは、傷つけないかが最も心配だったんだけど、リチャードが言っているように、レースをしたくないならレースのトラックに戻さなかっただろうしね」

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。