Back

News

WTCCのチームたちはポールスター・ボルボの参戦を歓迎

WTCCのチームたちはポールスター・ボルボの参戦を歓迎

16/10/2015 08:00

WTCCをけん引するマニュファクチャラーたちは、ポールスター・シアン・レーシングがボルボS60 TC1で2016年からWTCCに参戦することを歓迎している。

シトロエン・トータルWTCCのイヴス・マットン代表は、ポールスターが「ソリッドな競争者」になると話した。ホンダ・モーター・ヨーロッパ・モータースポーツのウィリアム・デ・ブレケレール氏は、選手権の国際的な訴求力が「大幅に増す」と期待している。ラーダ・スポーツ・ロスネフチのビクター・シャポバロフ代表は、少なくとも2台のボルボS60ポールスターがグリッドに加わる2016年が「非常にエキサイティング」なシーズンになると述べた。

マットン氏は「2014年と2015年のマニュファクチャラー選手権を連覇したシトロエンは、新たなマニュファクチャラーのWTCC参戦を喜んでいる」と語った。「ボルボにはツーリングカーレースにおける長い歴史があるし、我々は最初から彼らがソリッドな競争者になると確信している。我々としては、ハードワークを続けるよ。それでCエリーゼWTCCはTC1の基準となったんだ。ポールスターを温かく歓迎したい。我々は、今後のトラックでの我々のバトルにより、WTCCへのファンとメディアの関心がさらに増していくと確信している」。

デ・ブレケレール氏は「ボルボにはツーリングカーでの豊富な財産があり、WTCC参戦は選手権にとって素晴らしいニュースだ。アメリカ、フランス、ロシア、日本、そして今度はスウェーデンを代表するマニュファクチャラーが加わることで、国際的な訴求力が大きく高まる貢献をしてくれるだろう。ファンにとってもマニュファクチャラーにとっても、よりエキサイティングで白熱した選手権になり、より成長して長く続いていくはずだ」。

シャポバロフ氏は「WTCCは世界的にメディアでカバーされているハイレベルな選手権だ。新たなマニュファクチャラーが選手権に加わり、そのブランドをプロモートしようとすることに驚きはない。数年前からWTCCに参戦しているファクトリーチームのトップとして、このマーケティングツールは本当に機能すると言えるよ。新たなマニュファクチャラーが加わることで、選手権はファンにとってよりスペクタクルになり、参加者にとってもより面白くなる。マニュファクチャラー選手権のタイトル争いが激しくなることで、すべてのチームがさらに意気込むだろう。間違いないよ。来季は非常にエキサイティングなシーズンになる」。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。