Back

News

WTCCのドライバーたちが衝突したとき…

WTCCのドライバーたちが衝突したとき…

15/11/2015 12:00

WTCCのチームメートである2人のドライバーが衝突した場面だ。

トム・コロネル(左)とニコラ・ラピエールは、今月のWTCCタイラウンドのレース1で、ターン1で衝突し、リタイヤしている。

ラピエールのラーダ・スポーツ・ロスネフチのチームメート、ニッキー・カツバーグもやはりクラッシュの中でリタイヤ。3人のドライバーたちは、その影響でレース2ではスタートできなかった。

コロネルは「最初のコーナーで小さな穴があった。僕はラピエールと同じ(レベル)だった。彼が入ってきて、僕らは触れたんだ。残念だったよ」と述べた。

ラピエールは「僕は何も見えなかった。トムが来ていると聞いて、ターンしたときにぶつかったんだ。とてもアンラッキーだった。僕はニッキーにぶつかってしまったからね。トムに何があったかは知らない。でも、彼はコーナーで速く入りすぎた。とても残念だったよ。でも、それがレースだと思う」と述べている。

コロネルとラピエールはともに、26日と27日にロサイル国際サーキットで開催されるWTCCカタールラウンドに臨む。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。