Back

News

WTCCのライバルたちが新王者ロペスを祝福(※)

WTCCのライバルたちが新王者ロペスを祝福(※)

02/11/2015 08:00

WTCCのトップドライバーたちが、ホセ・マリア・ロペスのWTCC連覇を祝福した。

ドライバーたちは日曜夜に行われたWTCCタイラウンドのレース2終了後、表彰台の下に集まり、レッドカーペットの上でロペスと握手をかわしていった。

ロペスは2013年のアルゼンチンラウンドで勝利。その後、昨季からシトロエンのファクトリードライバーの一員としてフルタイム参戦している。

ロペスは「WTCCのみんなが僕に対して優しかった」と述べた。「チアゴ(・モンテイロ)とは(ポール・リカール・サーキットで)わずかな時間だったけど、僕らは友人なんだ。良い選手権で、良い雰囲気だね。本当に楽しい」。

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。