Back

News

WTCCタイラウンド、興奮をうながす5ポイントとは

WTCCタイラウンド、興奮をうながす5ポイントとは

30/10/2015 08:00

WTCCは今週、初めてタイで開催される。チャーン国際サーキットでのラウンドに興奮を覚える5つの理由がこちらだ。

1: シトロエンのチームメートたちが2位の座を争う
ホセ・マリア・ロペスのWTCC連覇が近い一方で、チームメートのイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブは2位の座を競っている。ミュラーがローブを39ポイントリードしてのタイラウンドだ。

2: WTCCは長いストレートが好き
チャーン国際サーキット最長のストレートは、1000メートル。続くターン3はオーバーテイクのポイントだ。

3: スリトライがWTCCの歴史に名を残す
タイ人ドライバーがWTCCでデビューするのに、10年以上を要した。だが、カンポス・レーシング・シボレーでブリラムでの2レースに臨むティン・スリトライが、母国の歴史に名を刻む。

4: たそがれどきのWTCC
11月1日のレース2は、WTCCにとって初のたそがれどきのレースとなる。テレビ放送も美しくなることだろう。

5: ウェイト調整なしのラーダが飛躍を目指す
ラーダ・ベスタTC1をドライブする3人のドライバーは、タイラウンドでウェイト調整なしとなる。2015年シーズンのここまでで見せてきたポテンシャルを考えれば、ニッキー・カツバーグ(写真)とロブ・ハフ、ニコラ・ラピエールからはさらに良い結果が期待できるかもしれない。

ホンダはポルトガルラウンドでチアゴ・モンテイロが勝利を収めた。ノルベルト・ミケリスは、60キロのウェイトにもかかわらず、勝利を手にしたことを喜んでいる。

テッド・ビョルクはヴィラ・レアルのストリートサーキットで「ファイティングパフォーマンス」を披露し、14ポイントを獲得した。

2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスは、6月26日のポルトガルラウンドの予選で何度かミスを犯し、彼もまた人間であることを示した形となった。だが、アルゼンチン人ドライバーは2度のレースでそれぞれ5位となり、選手権でトップを維持している。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。