Back

News

WTCCタイラウンド、興奮をうながす5ポイントとは

WTCCタイラウンド、興奮をうながす5ポイントとは

30/10/2015 08:00

WTCCは今週、初めてタイで開催される。チャーン国際サーキットでのラウンドに興奮を覚える5つの理由がこちらだ。

1: シトロエンのチームメートたちが2位の座を争う
ホセ・マリア・ロペスのWTCC連覇が近い一方で、チームメートのイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブは2位の座を競っている。ミュラーがローブを39ポイントリードしてのタイラウンドだ。

2: WTCCは長いストレートが好き
チャーン国際サーキット最長のストレートは、1000メートル。続くターン3はオーバーテイクのポイントだ。

3: スリトライがWTCCの歴史に名を残す
タイ人ドライバーがWTCCでデビューするのに、10年以上を要した。だが、カンポス・レーシング・シボレーでブリラムでの2レースに臨むティン・スリトライが、母国の歴史に名を刻む。

4: たそがれどきのWTCC
11月1日のレース2は、WTCCにとって初のたそがれどきのレースとなる。テレビ放送も美しくなることだろう。

5: ウェイト調整なしのラーダが飛躍を目指す
ラーダ・ベスタTC1をドライブする3人のドライバーは、タイラウンドでウェイト調整なしとなる。2015年シーズンのここまでで見せてきたポテンシャルを考えれば、ニッキー・カツバーグ(写真)とロブ・ハフ、ニコラ・ラピエールからはさらに良い結果が期待できるかもしれない。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。