Back

News

WTCCタイラウンドのエッセンシャル

WTCCタイラウンドのエッセンシャル

20/10/2015 12:00

タイで初開催となるWTCCタイラウンドまで10日を切った。最後から2ラウンド目となるタイでのレースに向けて、いくつかのエッセンスをピックアップ。

舞台
モダンで明るいチャーン国際サーキットは、2015年がWTCC初開催となった5つのサーキットの一つ。FIAとFIMの基準にそってつくられた。2013年に建設開始。ショッピングセンターや、サッカーのブリラム・ユナイテッドFCの本拠スタジアムも備える複合施設だ。サーキットの名前は、タイのビールメーカーとのスポンサー契約に由来している。

ホストシティ
タイの言葉で「幸せの街」を意味するブリラムは、首都バンコクの北東410キロに位置する。

トラック
長さ: 4.554キロ
ターン: 12
WTCCレース距離: 2×11ラップ
ラップレコード(予選): 未定
ラップレコード(レース): 未定

タイムテーブル
10月31日土曜にテストとフリー走行2回、11月1日日曜に予選と各11ラップの2レース。

ラインナップ
11月1日の2レースには19名のドライバーがエントリー。王者ホセ・マリア・ロペス(シトロエン)、ヨコハマ・ドライバーズ選手権を争うノルベルト・ミケリス(ホンダ)、WTCC優勝経験を持つロブ・ハフ(ラーダ)、地元の英雄でWTCC新加入のティン・スリトライ(シボレー)らが参戦する。

知っていましたか?
トラックは5万席のメインスタンドからできるだけ視界に入るようにとの思いでつくられた。結果、ピットガレージは珍しくグランドスタンドの下に位置されている。

プレビュー映像はこちらをクリック。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。