Back

News

WTCCモロッコラウンドに向けて恐れを抱かないミケリス

WTCCモロッコラウンドに向けて恐れを抱かないミケリス

28/03/2015 22:01

WTCCを戦うノルベルト・ミケリスは、来月のモロッコラウンドに向け、マラケシュのストリートサーキットとの間に問題はないと主張している。マラケシュでの成績は決して良いものではないが…。

ヨコハマ・ドライバーズ選手権で首位に立つミケリスは、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで最高のパフォーマンスを見せることができていない。だが彼は、4月17日から19日まで開催されるWTCCに向けて意欲を欠いていない。

ゼングー・モータースポーツでMLグループがスポンサードするホンダ・シビックをドライブするミケリスは、「基本的に僕はストリートサーキットがすごく好きなんだ。何より、WTCCで僕が初めて勝利したのは、マカオ(のストリートサーキット)だったしね。だから、ウォールが近いときはより自信を感じるんだよ」と語った。「でも、なぜかマラケシュではまったく良い結果を出せていない。振り返ってみると、マラケシュはほぼ毎年、僕にとって最悪の週末なんだ。それを変えたい」。

モロッコで成功できない理由を問われると、ミケリスは「特にスタートから最初のコーナーに20台が飛び込むときは、主に運が大事になる。誰もが抜きたいと思うからね。多少の接触とかがあるのは確実だ。それが行きすぎかどうかを判断するのはとても難しい。リスクを負わなければいけないんだ。でも、レース中にも抜きに出るかどうかをしっかり考えなければいけない。そういう状況をうまく判断して、良い決断をしたいね」と説明している。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。