Back

News

WTCCヨコハマ・ドライバーズ選手権制覇を誇るミケリス

WTCCヨコハマ・ドライバーズ選手権制覇を誇るミケリス

03/12/2015 23:15

WTCCでヨコハマ・ドライバーズ選手権のタイトルを獲得し、ノルベルト・ミケリスは「誇りに思う」と述べている。

ミケリスは2012年にタイトルを獲得し、ゼングー・モータースポーツのホンダをドライブする主力となった。

QMMF会長で、FIA副会長でもあるナセル・ハリファ・アル・アッティヤからトロフィーを受け取り、ハンガリー人ドライバーは「激しいタイトル争いをしてきたから、僕だけじゃなく、ゼングー・モータースポーツのこともすごく誇りに思う。彼らがいなければ、僕はここにいなかった」と語った。

3日にパリで行われた『ユーロスポーツ・イベンツ』による初のモータースポーツ・アワードで、WTCCの各トロフィーが授与された。FIA欧州ツーリングカーカップ、欧州ラリー選手権、FIMのモーターバイク耐久世界選手権の勝者たちも表彰されている。

『ユーロスポーツ・イベンツ』はこの4つのカテゴリーをそれぞれプロモートしており、パリのモーターサイクルショーで開催されたセレモニーは、歴史的かつ記憶に残る初めての授賞式となった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。