Back

News

WTCC初参戦のティン・スリトライのインタビュー

WTCC初参戦のティン・スリトライのインタビュー

24/10/2015 12:00

WTCCタイラウンドは、ティン・スリトライにとって多くの点で非常に重要なイベントだ。26歳の彼にとって、WTCCでのデビューというだけではない。カンポス・レーシングのシボレーRMLクルーズTC1をドライブする彼は、母国タイで初めての開催となるWTCCに挑むからだ。

母国でのWTCCデビューは、あなたにとってどんな意味がありますか?
「最適の場所だね。チーム、スポンサー、そして何よりファンがいるからだ。これほど強いサポートがある中で大きなステップを踏めるのは大きいよ」

プレッシャーは?
「良いタイムを残そうと期待せずに、重圧を隠そうとしても、プレッシャーはあるね。新しいマシン、新しいチーム、新しい舞台でうまくやるのは、簡単じゃないだろう。母国で最高の成績を残してほしいという期待はあるけどね。でも、僕はそういうことを考えず、ベストを尽くすことだけを考える」

どんな準備をしていきますか?
「この数年、アジアでのツーリングカーシリーズやタイのスーパーシリーズに参戦し、後輪駆動のスーパー2000をドライブしてきた。WTCCの前輪駆動への転向は、大きな挑戦だ。だから、僕とチームは、できるだけ前輪駆動のターボマシンを経験することに決めた。最近もそのテストをしたよ。WTCCの1週間前に、セアトでブリラムでのレースにも臨む」

目標は?
「初の世界選手権だから、自分がどれくらいのタイムなのかを知りたい。ワールドクラスのドライバーたちと競うだけでなく、カンポス・レーシングとの仕事も初めてだ。だから、ピットワークがどうなのか、自分のスキルを向上するため、チームで続けていくために何を得られるのかを知る機会だ」

今季はもてぎでのレースを観る機会がありました。どう思いましたか?
「ピットのそばにいて、スクリーンを見て、ピットレーンを経験し、観客の雰囲気を感じられたのは、すごくエキサイティングで楽しかったよ。しっかり見ると、非常に正確なオペレーションや意思決定を見ることができる。それがすごく拮抗した競争につながるんだ。多くのドライバーに勝つチャンスがあり、だからこそ本当の競争になるんだ」

シボレー・クルーズやカンポス・レーシング・チームについてはどれほど知っているのですか?
「この数年、僕はスーパー2000に特化したシボレー・クルーズをアジアでのツーリングカーシリーズでドライブしてきた。コックピットではなく、リアミラーで見ただけだけど、彼らがどれだけ速いかは分かっている。世界選手権で4年も勝ち続けていることが、最高のツーリングカーの一つであることを示している。カンポス・レーシングについては、ツーリングカーでもフォーミュラでも、彼らの評価を耳にしてきた。特に、若手ドライバーが育つ巣としての評価をね」

チャーン国際サーキットについて、WTCCでのレースには向いていますか?
「レースでもプレシーズンのテストでも何度かドライブしたことがある。非常にハイスピードなトラックで、セッションの終盤でより速くなるんだ。ドライビングやセットアップの小さな変化が重要になる。すべてのマシンのパフォーマンスが拮抗している大会に向いていると思うよ。ドライバーと戦術が勝者を決める」

今からの5年でどこまでいきたいと思っていますか?
「ツーリングカーで数年を過ごし、国内、そして国際的にステップアップしてきた。次が世界選手権だ。チームと一緒に、より高いところを目指していく。だから、これからの5年はWTCCにフルシーズンで参戦することが目標だね」

ご自身とドライビングスタイルを言葉にすると?
「僕はいつもチームで居心地よくやってきた。陽気な性格のおかげだと思う。それはトラックにも表れるんだ。僕が常に思っているのは、バランスだね。スローすぎず、アグレッシブになりすぎず、ソフトすぎず、速すぎず…。アクセルを踏み続けて、すべてのセクションでタイムを伸ばし続けることはできない。アクセルを踏んだり外したり、その間に完璧なラップタイムがあるんだ」

タイの最も素晴らしいところは?
「文化の豊かさや天然資源に加えて、タイ国民のみんなからの答えは、国王だろう。国王はリーダーとしてだけでなく、すべてに関して真の模範なんだ。たった一つの目的のために、できる限りのハードワークをしているんだよ。タイの人たちが豊かに暮らし、幸せでいられるようにとね」

Redbull.comでのユーザー投票によるストリートサーキットのベスト10で、WTCCも開催されたマカオやパウ、ヴィラ・レアルが選出された。ヴィラ・レアルはトップに選ばれている。

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。