Back

News

WTCC王者ロペス、FIAのPrize Giving受賞

WTCC王者ロペス、FIAのPrize Giving受賞

04/12/2015 23:59

パリで開催された『ユーロスポーツ・イベンツ』によるモータースポーツ・アワードから一夜明け、WTCC王者ホセ・マリア・ロペスがフランスの首都でさらなる賞を手に入れた。

4日にシャンゼリゼ通りの有名な「リド」で開催されたFIAのPrize Givingで、WTCC連覇を果たしたアルゼンチン人ドライバーが再び表彰された。

FIA副会長のナセル・ハリファ・アル・アッティヤからトロフィーを受け取り、シトロエン・トータルのドライバーは、「大きな意味がある。素晴らしい気分だ。去年ここに来たときは、差を維持し、戦い続けたいと思っていたんだけど、今年は僕にとって素晴らしいシーズンだった。王者の座も守ることができたんだ」と述べた。

セレモニーではほかにも多くの王者が表彰された。F1のルイス・ハミルトンもその一人だ。世界耐久選手権の勝者ティモ・ベルンハルト、ブレンダン・ハートレイ、マーク・ウェバー、世界ラリー選手権のセバスティアン・オジェ、ジュリアン・イングラシアも表彰されている。

また、WTCCではイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブも2位、3位となったことを表彰された。イヴス・マットンもマニュファクチャラー選手権制覇を表彰されている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。