Back

News

WTCC王者ロペス、FIAのPrize Giving受賞

WTCC王者ロペス、FIAのPrize Giving受賞

04/12/2015 23:59

パリで開催された『ユーロスポーツ・イベンツ』によるモータースポーツ・アワードから一夜明け、WTCC王者ホセ・マリア・ロペスがフランスの首都でさらなる賞を手に入れた。

4日にシャンゼリゼ通りの有名な「リド」で開催されたFIAのPrize Givingで、WTCC連覇を果たしたアルゼンチン人ドライバーが再び表彰された。

FIA副会長のナセル・ハリファ・アル・アッティヤからトロフィーを受け取り、シトロエン・トータルのドライバーは、「大きな意味がある。素晴らしい気分だ。去年ここに来たときは、差を維持し、戦い続けたいと思っていたんだけど、今年は僕にとって素晴らしいシーズンだった。王者の座も守ることができたんだ」と述べた。

セレモニーではほかにも多くの王者が表彰された。F1のルイス・ハミルトンもその一人だ。世界耐久選手権の勝者ティモ・ベルンハルト、ブレンダン・ハートレイ、マーク・ウェバー、世界ラリー選手権のセバスティアン・オジェ、ジュリアン・イングラシアも表彰されている。

また、WTCCではイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブも2位、3位となったことを表彰された。イヴス・マットンもマニュファクチャラー選手権制覇を表彰されている。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。