Back

News

WTCC王者ロペスがカタールで表彰

WTCC王者ロペスがカタールで表彰

06/12/2014 09:32

6日にカタールのドーハで行われたFIA受賞セレモニーには、スターたちが集結した。この場で、ホセ・マリア・ロペスはFIA世界ツーリングカー選手権のトロフィーを受け取り、記念すべき2014年を締めくくっている。

F1王者ルイス・ハミルトンやWTC王者セバスティアン・オジェ、世界耐久レース選手権王者アンソニー・ダビッドソンとセバスティアン・ブエミら、世界王者たちの輪にロペスも加わった。イベントの前に、ロペスは記者会見に臨み、次のように話している。

「僕にとっては素晴らしいシーズ運だった。アルゼンチンで最後に世界王者が誕生してから、57年と長い月日が経っていたんだ。だから、僕の母国にとっても大きなことだったんだよ。本当に楽しむことができた。すべてのレースが僕にとってサプライズだったよ。僕らには素晴らしいマシンがあった。チーム内で選手権のタイトルを争うほどだったんだ。だから、朝起きるとすごく幸せだよ」

初挑戦でマニュファクチャラー選手権のタイトルを獲得したシトロエンも、ドーハでのセレモニーで受賞している。

写真は左からオジェ、ハミルトン、ロペス

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。