Back

News

WTCC連覇のロペスに賛辞(※)

WTCC連覇のロペスに賛辞(※)

03/11/2015 08:00

WTCCタイラウンドで2015年の9勝目を挙げたホセ・マリア・ロペスは、WTCC連覇を飾り(※)、ライバルたちから賛辞を寄せられている。

ロペスは2013年の母国アルゼンチンラウンドでデビューしてから、20勝をマーク。今季は最終ラウンドを残して連覇を決めた。

WTCCのライバルたちは、すぐにロペスを称賛している。シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーは、「このタイトルを獲得したホセを祝福するよ」と述べた。「彼は完璧なシーズンを送った」。

タイラウンドのレース2で勝利し、ドライバーズ選手権で2位に浮上したセバスティアン・ローブは、「彼と仕事ができたことはうれしい。2年前からチームの雰囲気は素晴らしいんだ。僕らは同じ時期にスタートした。彼はずっと倒すのが難しかったよ」と述べている。

シトロエンの同僚マ・チンホワは、「彼のことは本当にうれしい。彼はこのトロフィーに値する。特にこの2シーズン、彼はとても強かった。僕は彼から本当に多くを学んだよ」とコメントした。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカーチームのチアゴ・モンテイロも、「彼をたたえたい。連覇は素晴らしいことだからね。彼はそれに値した。とても強かったよ」と述べている。

一方、トム・チルトンは「彼はファンタスティックな試合ごとをした。僕は彼が連覇して非常にうれしく思っている。選手権の競争度を示しているからね。彼は常に最速だった。彼とレースができるのは、いつだって素晴らしいことだ」と語った。

※結果はすべてFIAの正式承認待ち

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、見事なタイムを出したホセ・マリア・ロペスがポールポジションからスタートすることになった。

...

27/05/2016 08:00 - 2016

ホンダ・レーシング・チーム・JASとゼングー・モータースポーツの計4台が、WTCCハンガリーラウンドとモロッコラウンドの結果から除外されることになった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。