Back

News

高速クラッシュのハフ、テストで問題なし

高速クラッシュのハフ、テストで問題なし

06/05/2015 21:49

ハンガロリンクで高速クラッシュし、打撲で病院に向かわなければならなかった元WTCC王者ロブ・ハフだが、彼は戻ってくる。

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのエースは、第1コーナーで時速180キロとみられるスピードの中、クラッシュ。ブダペストでメディカルチェックを受けることになった。

だが、ハフはツイッターで「僕の健康を願ってくれたすべての人に大きく感謝する。180(キロ)でウォールにぶつかるのは楽しいことじゃない。でも、そんな簡単にハフを除けないよ」とコメントした。

イギリス人のハフはMOLグループハンガリーラウンドのレース1で9位。ラーダでこれまで2勝挙げている。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのフリー走行1回目は、ホセ・マリア・ロペスがトップに立った。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで行われたWTCCドイツラウンドのテスト走行は、シトロエンのチームメートであるホセ・マリア・ロペスを抑えてイヴァン・ミュラーが最速だった。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。