Back

News

10年前のF1での表彰台再来を狙うモンテイロ

10年前のF1での表彰台再来を狙うモンテイロ

19/06/2015 19:56

チアゴ・モンテイロは10年前の6月19日、F1で初めて表彰台に立ったときのことを「素晴らしかった」と振り返っている。

ジョーダンで走っていたモンテイロは、インディアナポリスでのアメリカGPで3位に入った。安全の問題でミシュランのタイヤを使っていたドライバーたちの多くが棄権したことが記憶されている一戦だ。ブリジストンのタイヤを使っていたモンテイロは、その大きな成功のキャリアにおけるハイライトと言える一戦を振り返った。

WTCCではカストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームでドライブするモンテイロは、「時間が経つのはあっという間だね」と語った。「もちろん、あのときに勝ったミヒャエル・シューマッハと彼の回復のことをすごく考えている。自分の隣に彼がいる写真を見ると、もっと考える」。

「あれは素晴らしく、とても不思議な状況だった。僕のキャリアに大きなインパクトを与えたことは確実だ。それは間違いない。僕は37回グランプリを戦い、3レースでポイントを挙げた。でも、あれは決して忘れない一戦だった。楽しい瞬間だった」。

2005年のアメリカGPは、モンテイロにとって素晴らしい瞬間だったとともに、彼にとって最も厳しいレースの一つだった。

モンテイロは「精神的にもフィニッシュするのが最も厳しい一戦だった」と振り返った。「直接の競争者はチームメートたちやミナルディのドライバーたちだった。僕らはレースを通じてファイトした。ハイリスクで、プレッシャーもすごいレースだったよ。僕はクレイジーにプッシュした。厳しかったよ」。

今月のロスネフチWTCCロシアラウンドのレース2で勝利したモンテイロは、今週のスロバキアラウンドに集中している。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。