Back

News

ミュラー、モロッコラウンドのレース2で今年初勝利

ミュラー、モロッコラウンドのレース2で今年初勝利

19/04/2015 19:15

モロッコラウンドのレース2では、イヴァン・ミュラーがオープニングラップでのミスを乗り越え、シトロエンのチームメートであるセバスティアン・ローブを制して優勝。2015年初勝利を挙げた。

ともにフランスのアルザス地方出身のミュラーとローブは、14ラップのレース2で常に競り合い、0.552秒差でミュラーが制した。

ホセ・マリア・ロペスは自身のラップレコードを更新し、10位スタートから3位で終了。トム・チルトンがシボレーRMLクルーズTC1で最上位の4位入り、ヨコハマドライバーズ選手権で最高ポイントを獲得している。

ウーゴ・バレンテはメフディ・ベナーニやノルベルト・ミケリスと2度もクラッシュしながら、5位でフィニッシュ。ホンダの同僚ガブリエル・タルキーニが6位だった。

ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツのステファノ・ダステが8位。ベナーニは9位に終わった。10位にはラーダ・スポーツ・ロスネフチのジェームス・トンプソンが入っている。

ROALモータースポーツは、損傷を負ったコロネルのシボレーをレース2に間に合わせようと奮闘したが、最初のターンでチアゴ・モンテイロと衝突してリタイヤとなった。ブレーキの問題とスピンにより、マ・チンホワは12位。ジョン・フィリッピの後ろとなった。

グレゴワール・ドゥムースティエはメカニカルの問題でリタイヤ。ロブ・ハフはファーストラップでラーダのチームメートであるミハイル・コゾロフスキーとクラッシュし、ともにリタイヤとなっている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。