Back

News

タルキーニ、ロシアラウンドのテスト走行でベストタイム

タルキーニ、ロシアラウンドのテスト走行でベストタイム

05/06/2015 11:41

ロスネフチWTCCロシアラウンドのテストセッションで、ガブリエル・タルキーニが最速タイムを出した。

2009年のWTCC王者はホンダ・シビックWTCCをドライブし、3,391キロのモスクワ・レースウェイで1分38秒460のタイムを出している。

2位はシトロエンのイヴァン・ミュラーで、タルキーニには0.043秒差。3位もホンダ勢で、チアゴ・モンテイロだった。

選手権の首位に立つホセ・マリア・ロペスは4位。昨年のレース2を制しているマ・チンホワが5位だった。そのほか、ラーダ勢で最速だったロブ・ハフが7位。ノルベルト・ミケリスが8位に入っている。

WTCCデビューのニッキー・カツバーグは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチ・ベスタで13位だった。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。