Back

News

タルキーニ、ロシアラウンドのテスト走行でベストタイム

タルキーニ、ロシアラウンドのテスト走行でベストタイム

05/06/2015 11:41

ロスネフチWTCCロシアラウンドのテストセッションで、ガブリエル・タルキーニが最速タイムを出した。

2009年のWTCC王者はホンダ・シビックWTCCをドライブし、3,391キロのモスクワ・レースウェイで1分38秒460のタイムを出している。

2位はシトロエンのイヴァン・ミュラーで、タルキーニには0.043秒差。3位もホンダ勢で、チアゴ・モンテイロだった。

選手権の首位に立つホセ・マリア・ロペスは4位。昨年のレース2を制しているマ・チンホワが5位だった。そのほか、ラーダ勢で最速だったロブ・ハフが7位。ノルベルト・ミケリスが8位に入っている。

WTCCデビューのニッキー・カツバーグは、ラーダ・スポーツ・ロスネフチ・ベスタで13位だった。

来週行われるWTCCポルトガルラウンドで、ホンダ・シビックWTCCとラーダ・ベスタのウェイトが増すことになった。

モスクワ・レースウェイで行われたWTCC ROSNEFTロシアラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィー2連勝を飾った。

ロシアの有名女優マリア・シュマコバが、WTCC RosneftロシアラウンドでTAG Heuer Best Lap Trophyを獲得したフェレンツ・フィクサを表彰した。

ラーダがWTCC ROSNEFTロシアラウンドで連勝を飾った。モスクワ・レースウェイでのメインレースは、ニッキー・カツバーグが初勝利を収めている。

ウェットコンディションで行われたWTCC ROSNEFTロシアラウンドのオープニングレースは、ラーダのガブリエル・タルキーニが制した。

WTCC ROSNEFTロシアラウンドでほぼ完璧な1日を過ごしたラーダだが、記録が認められず、MAC3はホンダがトップに立つこととなった。