Back

News

WTCCで野心を抱くジロラミ、アルゼンチンで首位に

WTCCで野心を抱くジロラミ、アルゼンチンで首位に

31/08/2015 12:00

WTCCでもポイントを獲得しているネストール・ジロラミが、8月30日にサンタフェで開催されたアルゼンチンスーパーTC2000で2位に入り、残り5ラウンドで首位に立っている。

WTCC王者である同胞のホセ・マリア・ロペスと南米で長く争ってきたジロラミは、ニカ・インターナショナル・ホンダ・シビックで、スロバキア、ポルトガルでのWTCCで活躍した。

2016年の選手権でフルタイム参戦を目指すジロラミは、スーパーTC2000でファクンド・チャプルや、サンタフェで勝利したアグスティン・カナピノとタイトルを争っている。

ジロラミがスーパーTC2000に集中している一方で、ロペスは来月(9月11日~13日)ツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで、ドライバーズ選手権でのリードを広げようと狙っている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。