Back

News

WTCCで野心を抱くジロラミ、アルゼンチンで首位に

WTCCで野心を抱くジロラミ、アルゼンチンで首位に

31/08/2015 12:00

WTCCでもポイントを獲得しているネストール・ジロラミが、8月30日にサンタフェで開催されたアルゼンチンスーパーTC2000で2位に入り、残り5ラウンドで首位に立っている。

WTCC王者である同胞のホセ・マリア・ロペスと南米で長く争ってきたジロラミは、ニカ・インターナショナル・ホンダ・シビックで、スロバキア、ポルトガルでのWTCCで活躍した。

2016年の選手権でフルタイム参戦を目指すジロラミは、スーパーTC2000でファクンド・チャプルや、サンタフェで勝利したアグスティン・カナピノとタイトルを争っている。

ジロラミがスーパーTC2000に集中している一方で、ロペスは来月(9月11日~13日)ツインリンクもてぎで開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで、ドライバーズ選手権でのリードを広げようと狙っている。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。