Back

News

ニュルブルクリンクでファンジオの後に続きたい王者ロペス

ニュルブルクリンクでファンジオの後に続きたい王者ロペス

11/05/2015 15:27

今週末のWTCCドイツラウンドで勝利を挙げれば、ホセ・マリア・ロペスは同国人でもあるモータースポーツ界のレジェンドの後を追うことになる。

伝説のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでは、1983年以来となるモーターレース世界選手権が開催される。WTCCは5月14日から16日まで、第7戦と第8戦が開催だ。

F1世界王者に輝くこと5回のファン・マヌエル・ファンジオ氏は、1954年、1956年、1957年とニュルブルクリンクでのドイツGPを制している。ファンジオ氏と同じアルゼンチン人のロペスは、『エル・マエストロ』の成功が、母国アルゼンチンにおいてニュルブルクリンクをさらに特別なサーキットにしていると語った。

先月のプレイベント・テストで好タイムを出し、WTCCドイツラウンドでも有力候補の一人とみられているロペスは、「ファンジオと(1975年にニュルブルクリンクでドイツGPを制したカルロス・)ロイテマンのおかげで、アルゼンチンでニュルブルクリンク・ノルトシュライフェは非常に有名なんだ」と述べている。

ロペスは2014年にWTCCで初王者となり、今季もシトロエン・チームでアルゼンチン、モロッコ、ハンガリーで勝利。ドライバーズ選手権でトップに立っている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。