Back

News

ニュルブルクリンクでファンジオの後に続きたい王者ロペス

ニュルブルクリンクでファンジオの後に続きたい王者ロペス

11/05/2015 15:27

今週末のWTCCドイツラウンドで勝利を挙げれば、ホセ・マリア・ロペスは同国人でもあるモータースポーツ界のレジェンドの後を追うことになる。

伝説のニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでは、1983年以来となるモーターレース世界選手権が開催される。WTCCは5月14日から16日まで、第7戦と第8戦が開催だ。

F1世界王者に輝くこと5回のファン・マヌエル・ファンジオ氏は、1954年、1956年、1957年とニュルブルクリンクでのドイツGPを制している。ファンジオ氏と同じアルゼンチン人のロペスは、『エル・マエストロ』の成功が、母国アルゼンチンにおいてニュルブルクリンクをさらに特別なサーキットにしていると語った。

先月のプレイベント・テストで好タイムを出し、WTCCドイツラウンドでも有力候補の一人とみられているロペスは、「ファンジオと(1975年にニュルブルクリンクでドイツGPを制したカルロス・)ロイテマンのおかげで、アルゼンチンでニュルブルクリンク・ノルトシュライフェは非常に有名なんだ」と述べている。

ロペスは2014年にWTCCで初王者となり、今季もシトロエン・チームでアルゼンチン、モロッコ、ハンガリーで勝利。ドライバーズ選手権でトップに立っている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。

ヴィラ・レアルで行われたWTCCポルトガルラウンドのフリー走行2回目は、ホセ・マリア・ロペスが制してホンダの独壇場に終止符を打った。

WTCCポルトガルラウンド最初のフリー走行は、ホンダのファクトリードライバーたちがトップ3を独占した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのテスト走行は、ホンダのエース、ノルベルト・ミケリスが最速タイムを出した。