Back

News

王者ロペス、「少しクレイジー」なポルトガルラウンドへ

王者ロペス、「少しクレイジー」なポルトガルラウンドへ

04/07/2015 23:51

ホセ・マリア・ロペスは来週開催され、自身にとって初となるWTCCポルトガルラウンドで、「少しクレイジー」なことがあるのではないかと予想している。

ポルトガルで最後にWTCCが開催されたのは2013年。ロペスが新記録でタイトルを獲得した昨シーズンの1年前のことだ。

これまでのWTCCポルトガルラウンドは、エストリル、ポルト、ポルティマンで開催されてきたが、今年は10日から12日までヴィラ・レアルのストリートサーキットで開催される。有名なドイツのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェとの類似点で知られるサーキットだ。

シトロエン・トータルのエースであるロペスは、全長4.775キロのコースについて知っていることを聞かれると、「少しクレイジーだということしか知らないよ! ストリートサーキットで、とても速い。とても面白い、とても難しいコースだろうね。とても素晴らしい経験になるだろうね。まだ現地入りしていないから、あまり多くを言うことはできないね」と語った。

2015年シーズンで5勝を挙げているロペスは、OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドを前に、ドライバーズ選手権で39ポイント差をつけている。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。