Back

News

王者ロペス、「少しクレイジー」なポルトガルラウンドへ

王者ロペス、「少しクレイジー」なポルトガルラウンドへ

04/07/2015 23:51

ホセ・マリア・ロペスは来週開催され、自身にとって初となるWTCCポルトガルラウンドで、「少しクレイジー」なことがあるのではないかと予想している。

ポルトガルで最後にWTCCが開催されたのは2013年。ロペスが新記録でタイトルを獲得した昨シーズンの1年前のことだ。

これまでのWTCCポルトガルラウンドは、エストリル、ポルト、ポルティマンで開催されてきたが、今年は10日から12日までヴィラ・レアルのストリートサーキットで開催される。有名なドイツのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェとの類似点で知られるサーキットだ。

シトロエン・トータルのエースであるロペスは、全長4.775キロのコースについて知っていることを聞かれると、「少しクレイジーだということしか知らないよ! ストリートサーキットで、とても速い。とても面白い、とても難しいコースだろうね。とても素晴らしい経験になるだろうね。まだ現地入りしていないから、あまり多くを言うことはできないね」と語った。

2015年シーズンで5勝を挙げているロペスは、OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドを前に、ドライバーズ選手権で39ポイント差をつけている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。