Back

News

王者ロペス、「少しクレイジー」なポルトガルラウンドへ

王者ロペス、「少しクレイジー」なポルトガルラウンドへ

04/07/2015 23:51

ホセ・マリア・ロペスは来週開催され、自身にとって初となるWTCCポルトガルラウンドで、「少しクレイジー」なことがあるのではないかと予想している。

ポルトガルで最後にWTCCが開催されたのは2013年。ロペスが新記録でタイトルを獲得した昨シーズンの1年前のことだ。

これまでのWTCCポルトガルラウンドは、エストリル、ポルト、ポルティマンで開催されてきたが、今年は10日から12日までヴィラ・レアルのストリートサーキットで開催される。有名なドイツのニュルブルクリンク・ノルトシュライフェとの類似点で知られるサーキットだ。

シトロエン・トータルのエースであるロペスは、全長4.775キロのコースについて知っていることを聞かれると、「少しクレイジーだということしか知らないよ! ストリートサーキットで、とても速い。とても面白い、とても難しいコースだろうね。とても素晴らしい経験になるだろうね。まだ現地入りしていないから、あまり多くを言うことはできないね」と語った。

2015年シーズンで5勝を挙げているロペスは、OSCARO.com WTCCポルトガルラウンドを前に、ドライバーズ選手権で39ポイント差をつけている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。