Back

News

WTCC王者ロペス、雨のハンガリーでも好調

WTCC王者ロペス、雨のハンガリーでも好調

02/05/2015 10:11

ホセ・マリア・ロペスが世界最高のツーリングカードライバーの一人であることを証明した。MOLグループWTCCハンガリーラウンドのフリー走行1回目、雨の中で彼はトップに立っている。

シトロエンCエリーゼWTCCをドライブするロペスは、全長4.381キロのハンガロリンクで、2分11秒930の最速タイムをたたき出した。ホンダ・シビックWTCCのガブリエル・タルキーニが1秒597遅れで2位に入っている。

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームでタルキーニのチームメートであるチアゴ・モンテイロが3位に入り、イヴァン・ミュラーが4位、地元のノルベルト・ミケリスが5位となった。ミケリスはヨコハマドライバーズ選手権でトップに立っている。6位はマ・チンホワ。トップ10はそのほか、ステファノ・ダステ、メフディ・ベナーニ、トム・チルトン、トム・コロネルとなった。

第5戦と第6戦の舞台ハンガロリンクでの最初のトラックでのイベントとなるフリー走行1回目には、17名のドライバーが参戦している。

フリー走行1回目の順位はこちら。

ホンダが26日、異なる2つの国で勝利を手にした。トラックでは、ポルトガルラウンドで地元出身のチアゴ・モンテイロが優勝。トラックの外では、イングランド南部で開催された「Goodwood Festival of Speed」で行われた初のWTCC ART CARSで勝利を収めている。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのメインレースは、地元出身のチアゴ・モンテイロはが制した。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニングレースは、トム・コロネルがトム・チルトンを抑えて今季2度目の勝利を収めた。

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのMAC3は、シトロエンが接戦を制した。

...

25/06/2016 16:42 - 2016

ヴィラ・レアルでのWTCCポルトガルラウンドのオープニング・レースは、トム・コロネルがポールポジションスタートとなった。

チアゴ・モンテイロが地元ヴィラ・レアルで6年ぶりにポールポジションを獲得した。