Back

News

ミュラーがロペスを破ってポールポジションに

ミュラーがロペスを破ってポールポジションに

02/05/2015 19:57

ハンガリーラウンドの予選は、イヴァン・ミュラーが制した。チームメートのWTCC王者ホセ・マリア・ロペスを上回っている。

シトロエンCエリーゼをドライブするロペスがWTCCでポールポジションからスタートしたのは、今季これが初めてとなる。2015年シーズンで好スタートを切れなかったミュラーだが、5度目のタイトルに向けた冒険で復調しつつあるようだ。

シボレーRMLクルーズTC1でうまく戦った若きフランス人のウーゴ・バレンテが、キャリアハイとなる2位にランクイン。ヨコハマドライバーズ選手権では最速だった。当初はフリー走行でのイエローフラッグにより、順位が5つ下がる恐れのあったバレンテだが、新たな証拠が発覚し、ペナルティーは撤回された。バレンテは14ラップで行われる3日のMOLグループWTCCハンガリーラウンドで2位からスタートする。ロペスは3位だ。

セバスティアン・ローブはQ3で4位となった。フリー走行1回目でのクラッシュで損傷を負ったCエリーゼWTCCのリペアに奮闘したシトロエン・レーシングのメカニックたちに報いた形だ。マ・チンホワもQ3に進むことに成功した。

1分48秒848というタイムを出したミュラーは、「正直、このタイムには驚いている。僕は1分49秒を狙っていたからだ」と語った。「なにより、ミスをしないことに集中していた。完走が難しいから、それを実現できるように、タイヤにもすごく気を配ったよ。最終的には目標以上の結果だね」。

ミュラーはハンガリーでWTCCが開催されるようになってから毎年勝利を挙げている。だが、特別な秘密はないと語った。「いろいろなことが組み合わさっているんだよ。良いマシン、良いチーム、良いマシンバランス、良いマシンとのフィーリング、それに少しの運もね。今日は僕にとってすべてがうまくいった。もちろん、2015年最初のポールポジションを喜んでいる」。

新しくなったホンダ・シビックWTCCのデビューで、チアゴ・モンテイロはわずかにQ3に進めず。だが、チームメートのガブリエル・タルキーニは、Q1でクラッシュし、赤旗を引き起こす結果となった。

ラーダではロブ・ハフが7位で最速。新型ベスタ勢では最も良い成績だった。トム・コロネル、トム・チルトン、ノルベルト・ミケリスがトップ10を締めくくっている。地元のミケリスは10位とあり、大勢のファンが注目するなか、第2レースでポールポジションからのスタートとなった。

メフディ・ベナーニが11位で続き、その後はステファノ・ダステ、ジョン・フィリッピ、ジェームス・トンプソン、グレゴワール・ドゥムースティエ、ミハイル・コズロフスキーが続いた。歯の問題でトンプソンは3日のレースを欠場する。

予選ポイント
イヴァン・ミュラー:5ポイント
ウーゴ・バレンテ:4ポイント
ホセ・マリア・ロペス:3ポイント
セバスティアン・ローブ:2ポイント
マ・チンホワ:1ポイント

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。