Back

News

カツバーグ、スパ24時間レースで勝利

カツバーグ、スパ24時間レースで勝利

26/07/2015 17:43

WTCCで戦うニッキー・カツバーグが、ブランパン耐久シリーズのスパ24時間レースで勝利した。

WTCCではラーダ・スポーツ・ロスネフチでドライブするオランダ人のカツバーグは、マーカス・パルタジャ、ルーカス・ルールとともに、Marc VDS-run BMW Z4 GT3をドライブした。

6月のロシアラウンドでWTCCデビューを飾り、現在13位につけるカツバーグは、「気持ちの浮き沈みがすごかったよ」と語った。「夜はタオルを投げるところだったんだ。かなりリードされていたからね。でも、それからとてつもない挽回をして、突然リードできるようになったんだ。すごくうれしいよ。チームは長年、ここで勝つために全力を尽くしてきたんだ。BMW Z4 GT3の最後の大舞台で目標を達成できたのは、ただただファンタスティックだね」。

カツバーグの次のWTCCでの戦いは、ラーダ・ベスタをドライブするJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドだ。ツインリンクもてぎでのラウンドは、9月11日から13日まで開催される。

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。