Back

News

ミケリス、日本の豪雨被災者に連帯

ミケリス、日本の豪雨被災者に連帯

13/09/2015 02:31

ノルベルト・ミケリスが、初めてWTCCを開催したツインリンクもてぎの近くも含め、日本で河川の氾濫による被害に遭った人々に連帯の意を表した。

ゼングー・モーター・スポーツのホンダ・シビックでJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドに参戦するミケリスは、次のように述べている。

「僕たちはときに、自分たちがいかに恵まれているかを思い出さなければいけない。僕らの問題は、世界の一部の人たちが抱える問題に比べれば、取るに足らないものだ。僕の被災された方々へのメッセージは、WTCCファミリーの全員が彼らのことを考えているということだ。僕らは状況がすぐに変わることを願っている。僕は本当に、彼らの今後を祈っている」

シトロエン・レーシング代表のイヴス・マットンは、WTCC優勝4回のイヴァン・ミュラーが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでも不運に見舞われ続けたことに同情している。

ノルベルト・ミケリスは、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロの健康こそが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの表彰台よりも大切だと述べた。

トム・チルトンがWTCCで2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスを称賛し、モータースポーツ界のレジェンドであるアイルトン・セナ氏と比較できると述べた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。