Back

News

ウーゴ・バレンテのQ&A

ウーゴ・バレンテのQ&A

10/09/2015 17:01

WTCCで躍進中のウーゴ・バレンテは、カンポス・レーシング・シボレーで臨むJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで高みを目指している。

もてぎに向けての目標と戦略は?
「いつもと同じだ。少しずつ進めていき、予選で最速ラップを出せるように準備する。僕の目標は常にシボレーで1番となることだ。今季は、0.1秒差だったフランスを除き、予選では常にそれを実現している。特に大事なのは、Q3を狙うことだ」

新しいトラックですが、どのように準備を?
「僕は普段、かなり早くから新しいレイアウトに慣れるようにしている。だから、日本でもそうできることを願っているよ。簡単なトラックじゃないと聞いている。だから、日本に向かう前の月曜もシミュレーターをこなしたよ」

ヴィラ・レアル以降は何をしていましたか?
「まずはスペインのナバラで2日間テストした。それからは旅行が多かったね! 8月はアメリカに行き、ロサンゼルスで旧友と会った。それからニューヨークで母や16歳の弟と会ったよ。弟はプロのアイスホッケー選手になりたいんだ。だから僕は彼が夢を追えるようにしたいんだよ」

夏の中断期間を終え、再びレースが始めることへの興奮は?
「とても、とても興奮している。長すぎたよ。でも、この中断は良かった。欧州でのレースは日程としては過密だから、エネルギーを再充電できるのは非常に良かった」

最後に、週末に向けてマシンに変更は?
「スタートの新しいシステムにトライする。僕は、良くなるとかなり期待しているよ。すべてがうまくいけば、スロバキアのように2レースともトップ5を競いたい」

バレンテのインタビューのフルバージョンはこちらから

チアゴ・モンテイロは今週WTCCドイツラウンドが開催されるニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのことを、「世界で最も学ぶのが難しいトラック」と称した。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。