Back

News

ウーゴ・バレンテのQ&A

ウーゴ・バレンテのQ&A

10/09/2015 17:01

WTCCで躍進中のウーゴ・バレンテは、カンポス・レーシング・シボレーで臨むJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで高みを目指している。

もてぎに向けての目標と戦略は?
「いつもと同じだ。少しずつ進めていき、予選で最速ラップを出せるように準備する。僕の目標は常にシボレーで1番となることだ。今季は、0.1秒差だったフランスを除き、予選では常にそれを実現している。特に大事なのは、Q3を狙うことだ」

新しいトラックですが、どのように準備を?
「僕は普段、かなり早くから新しいレイアウトに慣れるようにしている。だから、日本でもそうできることを願っているよ。簡単なトラックじゃないと聞いている。だから、日本に向かう前の月曜もシミュレーターをこなしたよ」

ヴィラ・レアル以降は何をしていましたか?
「まずはスペインのナバラで2日間テストした。それからは旅行が多かったね! 8月はアメリカに行き、ロサンゼルスで旧友と会った。それからニューヨークで母や16歳の弟と会ったよ。弟はプロのアイスホッケー選手になりたいんだ。だから僕は彼が夢を追えるようにしたいんだよ」

夏の中断期間を終え、再びレースが始めることへの興奮は?
「とても、とても興奮している。長すぎたよ。でも、この中断は良かった。欧州でのレースは日程としては過密だから、エネルギーを再充電できるのは非常に良かった」

最後に、週末に向けてマシンに変更は?
「スタートの新しいシステムにトライする。僕は、良くなるとかなり期待しているよ。すべてがうまくいけば、スロバキアのように2レースともトップ5を競いたい」

バレンテのインタビューのフルバージョンはこちらから

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。