Back

News

WTCC日本ラウンド、注目の5ポイント

WTCC日本ラウンド、注目の5ポイント

09/09/2015 08:00

今週はJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドが開催される。第17戦と第18戦に向けて注目すべき5つの理由がこちらだ。

1:WTCCが再開
もちろん、舞台裏での仕事は決して止まっていなかった。だが、夏のバカンスが終わり、WTCCは11日にトラックに戻ってくる。ヴィラ・ラエルでのレース2が終わってから61日ぶりのことだ。

2:新たなトラックでの新たな挑戦
13日の日本でのレースを戦うWTCCのスターたちの多くにとって、ツインリンクもてぎは初めてのトラックだ。より拮抗したバトルとなるだろう。

3:ル・マンの勝者がWTCCデビュー
ル・マン24時間レースの勝者であるニコラ・ラピエールが、ラーダ・スポーツ・ロスネフチからWTCCデビューを飾る。チームとのテストを見る限りは、要チェックだ。

4:多くのオーバーテイクが予想
モトGPのレースを念頭にデザインされたもてぎのレイアウトだけに、多くのオーバーテイクが予想される。

5:タイトルレースはまだまだ続く
王者ホセ・マリア・ロペスは連覇に向けて2位に55ポイント差をつけているが、まだレースは8つ残っている。獲得できるポイント数はたくさんあるのだ。シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブも、ツーリングカー最高の栄誉を目指す戦いに残っている。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。