Back

News

WTCC日本ラウンド、注目の5ポイント

WTCC日本ラウンド、注目の5ポイント

09/09/2015 08:00

今週はJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドが開催される。第17戦と第18戦に向けて注目すべき5つの理由がこちらだ。

1:WTCCが再開
もちろん、舞台裏での仕事は決して止まっていなかった。だが、夏のバカンスが終わり、WTCCは11日にトラックに戻ってくる。ヴィラ・ラエルでのレース2が終わってから61日ぶりのことだ。

2:新たなトラックでの新たな挑戦
13日の日本でのレースを戦うWTCCのスターたちの多くにとって、ツインリンクもてぎは初めてのトラックだ。より拮抗したバトルとなるだろう。

3:ル・マンの勝者がWTCCデビュー
ル・マン24時間レースの勝者であるニコラ・ラピエールが、ラーダ・スポーツ・ロスネフチからWTCCデビューを飾る。チームとのテストを見る限りは、要チェックだ。

4:多くのオーバーテイクが予想
モトGPのレースを念頭にデザインされたもてぎのレイアウトだけに、多くのオーバーテイクが予想される。

5:タイトルレースはまだまだ続く
王者ホセ・マリア・ロペスは連覇に向けて2位に55ポイント差をつけているが、まだレースは8つ残っている。獲得できるポイント数はたくさんあるのだ。シトロエンのチームメートであるイヴァン・ミュラーとセバスティアン・ローブも、ツーリングカー最高の栄誉を目指す戦いに残っている。

シトロエン・レーシング代表のイヴス・マットンは、WTCC優勝4回のイヴァン・ミュラーが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでも不運に見舞われ続けたことに同情している。

ノルベルト・ミケリスは、ホンダのチームメートであるチアゴ・モンテイロの健康こそが、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでの表彰台よりも大切だと述べた。

トム・チルトンがWTCCで2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスを称賛し、モータースポーツ界のレジェンドであるアイルトン・セナ氏と比較できると述べた。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのメインレースは、ノルベルト・ミケリスとのバトルの末にホセ・マリア・ロペスが制し、ドイツラウンドで2連勝を飾った。

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェでのMAC3は、ホンダがシトロエンを下した。