Back

News

元WTCC王者のハフ、タイムトラベルを楽しむ

元WTCC王者のハフ、タイムトラベルを楽しむ

23/03/2015 17:16

今月上旬にアルゼンチンで行われたWTCC開幕ラウンドで活躍したばかりだが、ラーダ・スポーツ・ロスネフトのロブ・ハフはこの週末、再びトラックに戻っている。とはいえ、彼がドライブしたのは2台のクラシックレースマシンだ。

2012年のWTCC王者であるハフは、イギリスで開催されたグッドウッドの第73回メンバーズ・ミーティングに参戦した。新型ラーダ・ベスタTC1から、ジャガーEタイプ・ロー・ドラッグ・クーペとフォード・カプリIII 3.0Sに乗り換えたのだ。

ハフは21日、リチャード・マインスとEタイプをシェアし、グラハム・ヒル・トロフィーで予選を7位通過し、5位でフィニッシュした。だが、マインスのバストス・カプリをドライブした続く22日のジェリー・マーシャル・トロフィーでは、レースを終えることができなかった。

ハフとマインスがシェアしたEタイプは、1962年のグッドウッドのTTで5位となったマシン。ジャガーが特にレース向けにつくった最初の4タイプの一つだ。当時はディック・プロセローが保有し、レースで使用した。

ハフはこれから再び、4月17日から19日までマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドへと集中を切り替える。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。