Back

News

トンプソン、ハンガリーラウンドを欠場

トンプソン、ハンガリーラウンドを欠場

02/05/2015 23:42

ラーダ・スポーツ・ロスネフチのジェームス・トンプソンが、ハンガロリンクで3日に行われるWTCCの第5戦と第6戦を欠場することになった。

MOLグループWTCCハンガリーラウンドのレース1で、14位からスタートするはずだったトンプソン。だが、最近受けている歯の治療による問題が大きくなり、ドライブできるほどフィットしていない状態なのだ。彼も非常に悔しんでいる。

トンプソンは「マシンに乗れないことに落胆している。でも、今日は良い感じでなく、医者から明日はドライブしないのがベストだと助言されたんだ」と明かした。

WTCCで100戦以上を戦うトンプソンは、2012年末に完全再加入してから初めてのイベントを逃すこととなる。トンプソンは前回のモロッコラウンドで、レース2で7位に入り、ポイントを獲得している。

ホンダのファクトリードライバーであるノルベルト・ミケリスは、チームがシトロエンとシーズンを通じて激しいバトルを繰り広げるだろうと予想している。

8位スタートから2勝を挙げ、モロッコラウンドのメインレースでポールポジションから勝利を収めたロブ・ハフだが、自身2度目となるドライバーズ選手権制覇については慎重な姿勢だ。

今月末にニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで開催されるMAC3に向け、ホンダはいろいろな戦略を考慮している。

セバスティアン・ローブ・レーシングのエンジニアであるジャン=フィリップ・ニコラオは、チームにとって厳しい結果となったマラケシュでのレースに言い訳はないと述べた。

イヴァン・ミュラーは、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェのレースに臨む前に時間が必要だと認めている。

ホンダの代表アレッサンドロ・マリアーニは、冬の変更が今季のWTCCで幸運を呼び寄せたと信じている。