Back

News

WTCCで慣れ親しんだハンガロリンクに戻ってきたルーキーのドゥムースティエ

WTCCで慣れ親しんだハンガロリンクに戻ってきたルーキーのドゥムースティエ

01/05/2015 16:31

母国フランスから遠く離れているかもしれない。だが、今週末WTCCの第5戦と第6戦が行われるハンガロリンクは、グレゴワール・ドゥムースティエにとってなじみのある場所だ。

ドゥムースティエは2015年にWTCCに転向し、クラフト・バンブー・レーシングで戦うようになる前にも、ブダペストでのレースを経験している。MOLグループWTCCハンガリーラウンドでシボレーRMLクルーズTC1をドライブする彼は、ヨコハマドライバーズ選手権での成功も競うだろう。

24歳のドゥムースティエは「モロッコの次に、自分が経験あるサーキットで勝負に戻ることができてうれしい。最近のドイツ・ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでのテストで、ブレーキの問題は解決したしね」と語った。「今は、ポイントを争えると確信している。チームはブダペストに向けてマシンを準備するのに素晴らしい仕事をしてきた」。

クラフト・バンブーのリチャード・コールマンCEOは、「我々も若きドゥムースティエも、慣れ親しんだ場所に戻ってきた。だからこそ、ポルティマンのテストで得たパフォーマンスを見せられるはずだ」と述べている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。