Back

News

WTCCで慣れ親しんだハンガロリンクに戻ってきたルーキーのドゥムースティエ

WTCCで慣れ親しんだハンガロリンクに戻ってきたルーキーのドゥムースティエ

01/05/2015 16:31

母国フランスから遠く離れているかもしれない。だが、今週末WTCCの第5戦と第6戦が行われるハンガロリンクは、グレゴワール・ドゥムースティエにとってなじみのある場所だ。

ドゥムースティエは2015年にWTCCに転向し、クラフト・バンブー・レーシングで戦うようになる前にも、ブダペストでのレースを経験している。MOLグループWTCCハンガリーラウンドでシボレーRMLクルーズTC1をドライブする彼は、ヨコハマドライバーズ選手権での成功も競うだろう。

24歳のドゥムースティエは「モロッコの次に、自分が経験あるサーキットで勝負に戻ることができてうれしい。最近のドイツ・ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでのテストで、ブレーキの問題は解決したしね」と語った。「今は、ポイントを争えると確信している。チームはブダペストに向けてマシンを準備するのに素晴らしい仕事をしてきた」。

クラフト・バンブーのリチャード・コールマンCEOは、「我々も若きドゥムースティエも、慣れ親しんだ場所に戻ってきた。だからこそ、ポルティマンのテストで得たパフォーマンスを見せられるはずだ」と述べている。

上海国際サーキットでのWTCC中国ラウンドの予選で苦しんだチアゴ・モンテイロは、レースも厳しい戦いになると予想している。

ホンダが2017年もWTCCに参戦することを決定した。シビックで新たな栄光を目指す。

上海国際サーキットで行われたWTCC中国ラウンドのMAC3は、ホンダが勝利を収めた。

...

24/09/2016 10:03 - 2016

WTCC中国ラウンドの予選でホセ・マリア・ロペスがポールポジションを獲得した。シトロエンは暫定ながらマニュファクチャラーズ選手権のタイトルを手にしている。(*)

中国ラウンドのフリー走行2回目は、ポールスター・シアン・レーシングのフレデリク・エクブロムが最速タイムを出した。

全長4.603キロの上海国際サーキットで開催されたWTCC中国ラウンドのフリー走行1回目は、ボルボS60ポールスターTC1を走らせるテッド・ビョルクが最速タイムを出した。