Back

News

ルーキーのドゥムースティエにチームのボスも感銘

ルーキーのドゥムースティエにチームのボスも感銘

16/04/2015 18:01

WTCCのルーキーであるグレゴワール・ドゥムースティエは、WTCCの組織だけでなく、チームのボスも感動させたようだ。

WTCCでまだ2戦のキャリアしかないドゥムースティエだが、選手権ですでにポイントを挙げ、今週末に開催されるモロッコラウンドで、マラケシュでデビューを飾る予定だ。最近のポルトガルでのテストには、クラフト・バンブー・レーシングのリチャード・コールマンCEOも満足している。

コールマンCEOは「ポルティマンでのテストでは、チーム全体がグレゴワールのパフォーマンスに感銘を受けた。初戦から比べて、我々はマシンを大きく向上させることができたよ」と述べた。「今週末はタイヤに関して安全なアプローチを目指す。それがレースで生かされることを願っているよ。ただ、ブダペストまで待つことが大切だ。そこで、テストで確認された改善が見られるだろう」。

ポルトガルで良いテストをこなしたドゥムースティエだが、ムーレイ・エル・ハッサン・サーキットでのデビューではハンディキャップを抱えている。アルゼンチンラウンドで、エンジン変更が必要となった際のオーバーレブにより、マラケシュでは10番手からのスタートとなるのだ。

ドゥムースティエは「本当に残念だよ」と述べた。「ポルティマンでの4日間のテストは成功だった。マシンでの経験をかなり積んだし、ラップタイムは良くなる一方だったんだ。エンジニアたちが素晴らしい仕事をしてくれた。モロッコでこれを見せられないのは残念だけど、ベストを尽くすよ」。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。

WTCCアルゼンチンラウンドのオープニングレースは、セバスティアン・ローブ・レーシングのトム・チルトンが初勝利を収めた。地元出身のホセ・マリア・ロペスは、18位スタートから5位フィニッシュしている。