Back

News

スロバキアラウンド、ハフがテストラウンドで最速

スロバキアラウンド、ハフがテストラウンドで最速

19/06/2015 14:14

WTCCスロバキアラウンドのテストラウンドで、ロブ・ハフが最速タイムを出した。ラーダ・スポーツ・ロスネフチと新型ベスタTC1が引き続き進化していることが示された形だ。

2012年のWTCC王者であるハフは、5.922キロのスロバキア・リンクでのテストラウンドで2分04967秒の最速タイムを出した。2位はシトロエンのマ・チンホワで、ハフとは0.433秒差だった。

シボレーのウーゴ・バレンテがヨコハマ・ドライバーズ選手権でトップとなる3位に入り、ホンダのガブリエル・タルキーニが4位となっている。

ロシアラウンドを制したイヴァン・ミュラーとチアゴ・モンテイロは、それぞれ5位と6位に入り、7位はメフディ・ベナーニ。昨年のスロバキアでの勝者セバスティアン・ローブは8位だった。ヤープ・ファン・ラーゲンが9位に入り、現王者ホセ・マリア・ロペスはファン・ラーゲンと同タイムながら10位となっている。

ロペスのアルゼンチンの同僚で、かつてのライバルであるホンダ・レーシング・チーム・スウェーデンのネストール・ジロラミは、WTCCデビューで12位。カンポス・レーシングの地元の英雄マト・ホモラは18位だった。

スロバキアラウンドは20日にフリー走行と予選が行われる。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。

来月のアルゼンチンラウンドを前に、ロブ・ハフはテルマス・デ・リオ・オンドのサーキットを「美しいトラック」と評している。