Back

News

ラーダ代表:「ベスタはさらに速かったかも」

ラーダ代表:「ベスタはさらに速かったかも」

08/09/2015 14:00

プレシーズンのテストをもっと行うことができていれば、今季のWTCCでラーダはもっと速かったのかもしれない。

ロスネフチが支えるラーダは、ベスタTC1のテストが制限されたことで、2015年シーズンで出遅れた。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏によると、それが一部のレースに影響したそうだ。

シャポバロフ氏は「シーズンの最初、我々は単純に時間がなかったんだ。計画したテストを行い、マシンの競争性を高めるための時間がね。だからこそ、我々はレースによっては速く、レースによってはそうじゃなかったんだ」と述べた。「前半戦、ベスタは高速サーキットで良かった。我々はどのサーキットでもマシンが速くなるようにしなければいけない。アジアラウンドに向けて準備しているからね」。

「4ラウンドのうち、日本とタイ、そしてカタールの3ラウンドは、まったく新しい未知のサーキットで開催される。これは、予測が難しいということだ。だが、我々は最大限のパフォーマンスをするために全力を尽くす」。

今週末に開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで、ラーダはニコラ・ラピエールをデビューさせる。ラピエールはニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフとともに参戦だ。ハフは6月のROSNEFT WTCCロシアラウンドで2位に入り、ベスタに初の表彰台をもたらしている。

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

...

24/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。