Back

News

ラーダ代表:「ベスタはさらに速かったかも」

ラーダ代表:「ベスタはさらに速かったかも」

08/09/2015 14:00

プレシーズンのテストをもっと行うことができていれば、今季のWTCCでラーダはもっと速かったのかもしれない。

ロスネフチが支えるラーダは、ベスタTC1のテストが制限されたことで、2015年シーズンで出遅れた。チーム代表のビクター・シャポバロフ氏によると、それが一部のレースに影響したそうだ。

シャポバロフ氏は「シーズンの最初、我々は単純に時間がなかったんだ。計画したテストを行い、マシンの競争性を高めるための時間がね。だからこそ、我々はレースによっては速く、レースによってはそうじゃなかったんだ」と述べた。「前半戦、ベスタは高速サーキットで良かった。我々はどのサーキットでもマシンが速くなるようにしなければいけない。アジアラウンドに向けて準備しているからね」。

「4ラウンドのうち、日本とタイ、そしてカタールの3ラウンドは、まったく新しい未知のサーキットで開催される。これは、予測が難しいということだ。だが、我々は最大限のパフォーマンスをするために全力を尽くす」。

今週末に開催されるJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドで、ラーダはニコラ・ラピエールをデビューさせる。ラピエールはニッキー・カツバーグ、ロブ・ハフとともに参戦だ。ハフは6月のROSNEFT WTCCロシアラウンドで2位に入り、ベスタに初の表彰台をもたらしている。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。