Back

News

「大変な努力に見合う報いがなかった」 脚光を浴びなかったヒーローはトンプソン

「大変な努力に見合う報いがなかった」 脚光を浴びなかったヒーローはトンプソン

24/12/2016 06:00

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人などを選出した。

トム・コロネルやエステバン・ゲリエリも迫ったが、メディアが脚光を浴びなかった今年のヒーローに選んだのは、ALL-INKL.COMミュニック・モータースポーツのシボレーをドライブしたジェームス・トンプソンだった。ジャーナリストたちのコメントを紹介する。

マーティン・ヘイヴン(Eurosport commentator):「大変な努力をしたが、それに値するだけの報いはなかった。特にマラケシュだね」

パウロ・コスタ(AutoSport):「トンプソンはシボレーでいくつかのポイントをもぎ取った。マラケシュでは彼が勝利に値した」

マルクス・リュットゲンス(Motorsport-Total.com):「私の今年のヒーローはジェームス・トンプソンだ」

2016年のWTCCも数多くのドラマと興奮があった。みなさんのWTCCの知識をこちらのクイズでチェック!

12月25日に37歳の誕生日を迎えたロブ・ハフ。2012年の王者であるイギリス人ドライバーのWTCCでのキャリアを数字で振り返る。

エステバン・ゲリエリが今季のWTCCに出場したのは一度だけかもしれない。だが、地元アルゼンチンで開催された8月のWTCCで、彼は大きなインパクトを残した。

トム・チルトンは2017年、モータースポーツの歴史をつくることを目指す。初めてWTCCとBTCCを同時に戦うドライバーとなるのだ。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のベストオーバーテイクを選出した。

...

21/12/2016 06:00 - 2016

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人を選出した。

新たなシステムも導入される来年のWTCCを前に、ベルギー、ドイツ、ハンガリー、イタリア、ポルトガル、ロシア、セルビア、スペイン、スウェーデン、そしてイギリスのメディアの代表者たちが、2016年のドライバー、レース、オーバーテイク、新人を選出した。