Back

News

あの頃を覚えているか? メニュが開いた中国でのWTCCの歴史

あの頃を覚えているか? メニュが開いた中国でのWTCCの歴史

07/09/2017 12:00

2011年以前、WTCCは中国本土でレースを開催し

2011年以前、WTCCは中国本土でレースを開催したことはなかった。しかし、上海の天馬サーキットで同年初開催。シボレーのアラン・メニュが勝利を収めた。

雨の予選でポールポジションを獲得したメニュは、レース序盤でリードを築いたが、ヴィヒャーズ・スポーツBMWのコリン・ターキントンが追い上げてきた。しかしメニュはこれを1秒あまりの差でしのぎ切り、トップチェッカーを受けた。メニュのチームメイトだったロブ・ハフが3位に入り、ターキントンとともにイギリス人ドライバーが2-3フィニッシュを果たした。

レース1は比較的おとなしいレースだったが、レース2はそのスタートからドラマが生じた。ノルベルト・ミケリス、ティアゴ・モンテイロ、ハビエル・ヴィラ、そしてダリール・オヨングが絡む多重事故が、いきなり発生したのだ。

また1周目の後半には、ガブリエル・タルキーニとポールシッターのロブ・ハフも接触。タルキーニは首位をキープしたが、ハフは4番手まで転落した。

ただ、タルキーニの優位性は長くは続かなかった。イヴァン・ミュラーがタルキーニを抜き、首位に立ったのだ。

その後、中国では毎年WTCCが開催されている。特に2014年はアメリカのソノマでのレースがキャンセルされたため、その代替開催として上海と北京の両都市でレースが開催されている。

上海国際サーキットではこれまで5年間WTCCを開催してきたが、今年の中国ラウンドは、新たに設置された寧波国際スピードパークで開催されることになっている。

カタルニア・サーキットでのテスト中にクラッシュし、

メフディ・ベナーニは、2014年のWTCC上海ラウ

テッド・ビョークは、自らのキャリアを遡り、WTCC

...

08/09/2017 20:00 - 2017

9月6日(水)にバルセロナのカタルニア・サーキット

F1のマクラーレン・ホンダでレギュラードライバーを

WTCCに参戦中の道上龍は、スーパーGT鈴鹿100