Back

News

ミケリス、バレンシアテストが後半戦に”活きる”ことを期待

ミケリス、バレンシアテストが後半戦に”活きる”ことを期待

01/08/2017 06:00

ホンダのノルベルト・ミケリスは、スペインのバレンシ

ホンダのノルベルト・ミケリスは、スペインのバレンシアで2日間のテストを終え、彼と彼のチームであるホンダは、今季のタイトル争いへの戦いに向け、回転数を上げている。

今季のWTCCも残り4ラウンド。現在7人のドライバーがタイトルを争っている状態だが、ミケリスはこれまでに2勝を挙げたことで、その候補の中のひとりとして止まっている。ホンダは、先日行われたアルゼンチン戦で好結果を上げたことで、ボルボを抜きコンストラクターズランキングでもトップに立った。

7月27〜28日におこなわれたテストでミケリスは、中国、日本、マカオ、カタールの4レースに向け、開発とセットアップを中心にプログラムをこなしていった。

「スペインでの2日間は、非常に生産的だった」

そうミケリスは語った。

「クルマのある部分に集中しているわけではない。しかしいくつかの部分に複数の開発が施されている。そしてマシンの全ての部分が、シーズン最後の4ラウンドに最適化されていることを確認することができた」

「僕らはドライバーズタイトルにおいても、マニュファクチャラーズタイトルにおいても、接近戦となっている。各ラウンドでポイントを集めるためにできることは何でも、シーズン終盤に価値をもたらすはずだ」

なお30日にはナバラでもテストが1日のみ行われ、こちらは道上龍が担当することとなった。

イタリア・モンツァで4月30日に行われたWTCCオ

エスティバン・グエリエリが、4月9日にマラケシュで

ネスター・ジロラミは、次の中国ラウンドが、シーズン

テッド・ビョークは、長い休み明けに行われる中国ラウ

ロブ・ハフは、ポイントリーダーのティアゴ・モンテイ

ティアゴ・モンテイロは、WTCCポルトガルラウンド