Back

News

開幕戦メインレース:モンテイロ優勝でホンダ勢1-2

開幕戦メインレース:モンテイロ優勝でホンダ勢1-2

09/04/2017 20:11

メインレースはポールポジションからスタートしたティ

メインレースはポールポジションからスタートしたティエゴ・モンテイロ(ホンダ)が独走、見事な勝利を飾った。チームメイトのノルベルト・ミケリスも1周目にボルボのネスター・ジロラミをかわして2位に上がり、そのままゴールした。ジロラミが3位。

レースはオーレリエン・パニス(ホンダ)の事故でセーフティカーが登場。パニスはサスペンションを壊してリタイアしている。

ジロラミに次いで4位に入ったのはメフディ・ベナーニ(シトロエン)。しかし彼はニッキー・カッツバーグ(ボルボ)との接触事故に関して調査中。カッツバーグは5位、テッド・ビョーク(ボルボ)、トム・チルトン(シトロエン)がそれぞれ6位、7位に入っている。

8位争いはトム・コロネル(シボレー)とロブ・ハフ(シトロエン)の間で展開されたが、ハフはチームとの無線通信に障害があり、苦しいレースになった。

道上龍(ホンダ)は10位に入ってポイントを獲得。ジョン・フィリッピ(シトロエン)を11位に蹴散らした。第1レースでサスペンションを壊したヤン・アーチャー(ラダ)は復活して12位に入った。彼は第1レースの勝者エステバン・グエリエリ(シボレー)と渡り合った。グエリエリはニギーと共にパルクフェルメのルールを破ったかどでピットレーンからのスタートを強いられたが、グエリエリ、ニギーは13位、14位に入っている。

次戦は4月28〜30日に行われるモンツァ戦。

WTCCにゼンゴ・モータースポーツチームから参戦し

カタルニア・サーキットでのテスト中にクラッシュし、

メフディ・ベナーニは、2014年のWTCC上海ラウ

テッド・ビョークは、自らのキャリアを遡り、WTCC

...

08/09/2017 20:00 - 2017

9月6日(水)にバルセロナのカタルニア・サーキット

2011年以前、WTCCは中国本土でレースを開催し