Back

News

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

ラーダのWTCCドライバーたちが本拠を訪問

08/12/2014 10:54

ラーダ・スポーツのWTCCドライバー、ロブ・ハフとミハイル・コズロフスキー、ジェームス・トンプソンが、9日にロシアのトリヤッチにあるラーダの本拠を訪問する。

3人のドライバーはボー・アンダーソン会長やチーフデザイナーのスティーブ・マッティン氏らとの会合に臨む。また、工場や、リサーチセンターも訪問し、2015年9月に大量生産が始まる新型ラーダ・ベスタの様子を見学する予定だ。ラーダ・ベスタは来年のWTCCでラーダの基本モデルとなる。

また、3人はメディアやファンにも対応予定。なお、ハフがトリヤッチを訪れるのは初めてのことだ。

2014年WTCCで、ラーダは大きな成功を収めた。ラーダ・グランタをドライブし、ハフが北京とマカオでのレースで勝利。アルゼンチンでも2位に入っている。ラーダの工場職員や地元ファンは、ドライバーたちを熱烈に歓迎するだろう。

*WTCCマカオラウンドは、F3マカオGPの週末、

...

16/07/2017 23:24 - 2017

ヤン・アーチャーはアルゼンチンWTCCレースで躍進

...

16/07/2017 22:08 - 2017

ニッキー・カッツバーグはアルゼンチンWTCCレース

...

16/07/2017 21:57 - 2017

WTCCアルゼンチン・ラウンドのメインレース、ニッ

ヤン・アーチャーは、トップでチェッカーを受けたトム

ネスター・ジロラミは、ファンの応援とマシンの微調整