Back

News

レースプレビュー:アルゼンチンFIA WTCCレース

レースプレビュー:アルゼンチンFIA WTCCレース

07/07/2017 06:00

レースプレビュー:アルゼンチンFIA WTCCレー

レースプレビュー:アルゼンチンFIA WTCCレース、2011年7月14-16日
FIA世界ツーリングカー選手権2017、20レース中のラウンド11および12
・ジロラミとグエリエリはテルマス・デ・リオ・ホンドでの成功に賭ける
・WTCCスーパーセブンは、シーズンの後半入口で37ポイント以内
・元オンラインレーサーのサボが世界チャンピオンシップデビュー

2017年のFIA世界ツーリングカー選手権のタイトル争いは、来週、この大きく開かれたシーズン後半とWTCC栄光のための激しい戦いで、わずか37ポイントの間に7人のドライバーにいる状態で再開、次週南米より別のギアに切り替わります。地元ポルトガルで2度の表彰台となったホンダのティアゴ・モンテイロがチャンポンシップランキング首位で、僅か4ポイント差でテッド・ビョークの前に位置し、ニッキー・カッツバーグが6ポイント差でそれに続いている。ノルベルト・ミケリス、メディ・ベナニ、トム・チルトンと前チャンピオンのロブ・ハフはハフを境として2017年中に少なくとも1つの勝利を確信している。

しかし、テルマス・デ・リオが7月14-16日に5度目のアルゼンチンWTCCレースを開催するのは、世界的な名誉のためだけではない。サンティアゴ・デル・エステロ地域に毎年WTCCが訪れることで、3度のチャンピオンであるホセ・マリア・ロペスはFIAフォーミュラEと世界耐久選手権を彼の次のモータースポーツチャレンジとして選択し、2人の才能ある同胞がこのシリーズで評判を少しづつ大きくするための道を切り開いている。

2度のスーパーTC2000のチャンピオンであるネスター・ジロラミの紹介は必要ないでしょう。彼はテルマスでの素晴らしいテストのパフォーマンスでファクトリーチームのメンバーとなる機会を確実にしてから1年未満でボルボファクトリーチームのポーラスターシアンレーシングのラインナップとなっている。エステバン・グエリエリは彼のシリーズデビューである2016年のアルゼンチンWTCCレースの週末で最速ラップを記録し、今シーズンのオープニングイベントであるモロッコでカンポスレーシングにて勝利した。彼のキャリアの始めはルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルと同様のレースをしたが、グエリエリが高く評価され、彼とジロラミの両方はアルゼンチンのファンから舞い上がるほどサポートされている。ジロラミはフラストレーションのたまるレース結果となっている運命をなんとか変えたいと思っているところだ。

「私はトップになるスピードがあると感じているが、不運しか感じていません」とジロラミは言った。 「だから、忍耐強く、集中して、チームを助けるためにベストを尽くす必要があります。我々は2つの選手権のために戦っており、チームメイトを助けることは重要です。しかし、リセットする時間でもあり、残りの5つのレースに集中し、ベストを尽くして、すべてのレースでトップになるようにしています。それは、これが私のスピリットだからです」

アルゼンチンWTCCレースは、オープニングレースとそれより少し長いメインレースの2つのレースからなり、7月16日の日曜日に世界中に幅広く生中継でテレビ放送を届けている。

ザーボがゼンゴでのWTCC参加チャンスを得た。

ツォルト・デビッド・ザーボのFIAヨーロッパツーリングカーカップでの素晴らしいパフォーマンスは、今月末、アルゼンチンWTCCレースのゼンゴモータースポーツでのFIA世界ツーリングカー選手権へのステップアップとなった。ザーボは元ゼンゴのドライバーでホンダファクトリードライバーとなり、オンラインレーサーとしてETCCからWTCCで競争する夢のような機会を得たノルベルト・ミケリスに続いた。彼は7月14から16日にテルマス・デ・リオ・ホンダで世界的なシリーズデビューを果たす予定だ。ゼンゴモータースポーツの若手有望株フェレンク・フィクツァとノルベルト・ナギーとともに、チームの第2のホンダシビックで仲間のダニエル・ナギーと一緒にレース参加することを期待している。今シーズン初めからゼンゴでWTCCレースに参加してきたオウレリアン・パニスは、FF車での熟練期間を続けるためにチームを離れる予定で、TCRインターナショナルシリーズでホンダ車でレース参加予定である。一方、ザーボは、新人でのETCCシーズンで素晴らしい成果となった。21歳の彼は5月にゼンゴのシートにてハンガロリンクで初表彰台とした後、先月のビラ・レアルで初勝利となった。

ゼンゴモータースポーツチームの主席ゼルタン・ゼンゴは次のように言った。

「ツォルトは、ペース、ポテンシャル、そして、新しいコースを学び新しい状況に素早く適応する能力で私たちに感銘を与えました。若い人材にチャンスを与え、キャリアを育むという仕事に誇りを持っているチームとしては、WTCCでこの機会をツォルトに与えることを非常に嬉しく思っており、彼の進歩に興奮しています。大変でしょうが、学ぶのに他に良い方法はなく、そして、彼の移行のために可能な全ての助けが得られるでしょう。シーズン残りの期間、ダニエル・ナギーとともに2台目のマシンを走らせている間に、他の2人の若手ドライバー、フェレンク・フィクツァとノルベルト・ナギーにWTCCレース参加のチャンスを与えることを検討しています。これについてはやがて発表されることでしょう」

DHLによりポルトガルからドイツを経由してアルゼンチンへ

アルゼンチンWTCCレースは、WTCCオフィシャルロジスティクスパートナーであるDHLとの長期契約の一環として、海運と航空貨物の組み合わせによってすべての車両と機器がヨーロッパから輸送される5つの海外レースのうちの最初のレースである。多くの消耗品、基盤部品、スペアパーツが5月末に海上輸送でアルゼンチンに送られた。今朝の速い時間(7月7日金曜日)に、アルゼンチンで開催される全ての世界ツーリングカーを積んだボーイング747が、ドイツのフランクフルトハーンからアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに向けて出発した。今日の遅くに、ボーイング777はボルボV60ポーラースターのセーフティーカーと他のスペアパーツを輸送する予定だ。ブエノスアイレスからテルマス・デ・リオ・ホンドまでの1800kmの旅は、巨大なコンボイにより陸送され次の水曜日までに町に到着する予定である。

週末のハイライト

*アルゼンチンでの第5回WTCCは、トップ7のドライバーが37ポイント以内にいることと、後半に向けてトップ2が4ポイント差でいることで、チャンピオンシップのエキサイティングなときを迎えている。

*10年間で最も広く開かれたシーズンの一つであることをさらに強調すると、7人のドライバーが4つの異なるメーカーでの運転で勝利し、10人のドライバーが1周以上のラップをリードした。

*独立レーサーのためのWTCCトロフィーは、ロブ・ハフ、トム・チルトン、メディ・ベナニとで全て接戦により細かくバランスが取れている。

*アルゼンチンのファンには優勝候補者の中にネスター・ジロラミとエステバン・グエリエリの2人の地元WTCCレーサーがいる。

*長年にわたり非常に人気のあるツリモ・ナシオナルシリーズは、テルマス・デ・リオ・ホンドでのサポート提案において週末に予定されているクラスベースカテゴリの6レースのうちで最も支持されている。

2017年の最新情報

*ホンダとボルボはメーカー系チームとして争い、プライベーターチームを従えている。

*今季からモンツァとマカオのレースが復活。その他、中国の新サーキットで1戦が、そして7月中旬にはアルゼンチンでレースが行われることになっている。

*メインレースにはトップ10位までポイントが与えられる。(1位=30ポイント、2位=23ポイント、3位=19ポイント、4位=16ポイント、5位=13ポイント、6位=10ポイント、7位=7ポイント、8位=4ポイント、9位=2ポイント、10位=1ポイント)。

*ツールドフランスに影響を受けたタイムトライアルであるWTCC MAC3は引き続き行われ、勝者には2ポイントが付与される。

*FIAワールドラリークロススタイルである「ジョーカー」ラップはWTCCポルトガル戦で予定計画されている。

*新しいソーシャルメディア配信はいくつかの革命的な機能があり、シーズン中に導入予定。

*360度カメラの利用は視聴者がドライバーとともに車内にいるような印象を与える。

最新のドライバーニュース

*ツォルト・デビッド・ザーボが、WTCCデビューのためにゼンゴモータースポーツのオウレリアン・パニスに取って代わった。21歳の彼は先月、ビラ・レアルで行われた2回のETCCレースのうち2度目に優勝し、世界選手権にステップアップする。

*アメリカのケビン・グリーソンはRCモータースポーツのヤン・アーチャーのチームメイトとして今シーズンの残りは残留することを確認し、アルゼンチンWTCCレースのための準備をした。

* テッド・ビョークは、アルゼンチンに向かう前に、忠誠で時間を費やしている。ポーラスターシアンレーシングドライバーの彼は、今週末のスウェーデンGTチャンピオンシップのファルケンベルクラウンドで、カールスフィリップ王子と並んで競り合っている。

* エステバン・グエリエリは、アルゼンチンスーパーTC2000シリーズで6月中旬に訪れ勝利したことでテルマス・デ・リオ・ホンドで勝つためのコツを知っている。週末の初レースでアグスティン・カナピノに2位を獲得した後、グエリエリはシトロエンのインポーターチームのために60分の2回目の接戦で良い結果を出した。

*トム・チルトンは、チーム監督のセバスチャン・ローブがそのコースで勝利してから1年後の2016年に初のテルマスで勝利した。

*ジョン・フィリッピは、昨シーズン、OSCAROの支援を受けた参加でのリバースグリッドポールポジションからオープニングレースをスタートした際、アルゼンチンでも多くの注目を集めた。

*道上龍は、テルマス・デ・リオ・ホンドの新人として、アーチャー、グリーソン、ザーボらに加わる。

*トム・コロネルは、ポルトガルのビラ・レアルWTCCレース後ロアルモータースポーツチームがひどく破損したシボレーを修理してアルゼンチンで復帰する。

ジロラミは地元WTCC勝利への興奮を得る

ネスター・ジロラミの地元アルゼンチンFIA世界ツーリングカー選手権初勝利の希望は、彼のボルボS60ポーラースターのウェイトハンデが先月のポルトガルよりも20Kg軽くなることが確認されたことで盛り上がっている状況だ。WTCCでの車両性能を等しくするようなFIAの重量規定は、ドイツとポルトガルでの最後の2つのレース後に行われるラップタイムを計算のベースとして使用している。来週、テルマス・デ・リオ・ホンドで行われるボルボS60ポーラースターレーサーの3人は、タイトルを追いかけるホンダシビックWTCCのティアゴ・モンテイロとノルベルト・ミケリスなどのドライバーと同じの60kgの重量を搭載して走る予定だ。ジロラミの仲間であるアルゼンチンのエステバン・グエリエリは、1100kgの基本重量のシボレーRMLクルーズTC1で最新の重量調整の恩恵を受ける別のドライバーだ。 LADAベスタWTCCもウェイトハンデなしで走るが、シトロエンC-ElyséeWTCCは最大80kgの重量搭載で続けて走る予定。アルゼンチンでのウェイトハンデの一覧は次のとおりです。シボレーRMLクルーズTC1:0kg(-20kg);シトロエンC-ElyséeWTCC:80kg(変更なし);ホンダシビックWTCC:60kg(+10kg)。 LADAベスタWTCC:0kg(変更なし);ボルボS60ポーラースター:60kg(-20kg)

eSports WTCCの差し迫ったスリリングなコンテストはSPAを目指す

来週のアルゼンチンWTCCレースでFIA世界ツーリングカー選手権が南米に向かう間に、オンライン版は最新版のeSports WTCCマルチプレイヤーチャンピオンシップのためにヨーロッパに残っている。ベルギーの仮想スパ・フランコルシャンは、アレクサンダー・ドーニデン(インパクトレーシングチームホンダ)とジャン・スタンゲ(インパクトレーシングチームボルボ)の2人のトップドライバーが7ポイント以内におり、日曜日夜の第5ラウンドの会場となっている。予備予選に続き、ドーニデンは13番手のスタンゲより4番手速いドイツ人ライバルの彼とドイツ人を圧倒している。現在チャンピオンシップ3位のティム・ヘイマンはスタンゲを10位上回る3番手だった。しかし、意外な番狂わせでゲルゴ・バルディはボルボに今シーズ初の予備予選勝利をもたらし、仲間のハンガリーのボルボドライバーであるデビッド・ナギに先んじたタイムでトップとなった。バルディは彼の潜在能力を明確に示し今年前半にハンガロリンクの第2レースで勝利した。ケビン・ロウネは12番手となり最速のルーキーで、ジョナサン・シェルストラーテは最速のベルギー人だった。実際のWTCCでRCモータースポーツのポイントスコアラーのヤン・アーチャーは主要なシムレーサーのペースに合わせることができず、ディビジョン2のグリッドでの出場枠を確保するしかなかった。 7.004Kmのスパ・フランコルシャンからのeSports WTCCのアクションは、7月9日の日曜日19時(中央ヨーロッパ夏時間)に開催され、WTCCのFacebookページとYouTubeチャンネルでライブ放送されます。ルイス・マクグレドとロバート・ワイゼンミューラーが専門的な解説を提供する予定。 eSports WTCCの更なる情報は、このリンクを参照してください。

ドライバーたちの抱負

ネスター・ジロラミ(ポーラスターシアンレーシング):「アルゼンチンWTCCでレースをすることは私の夢の一つでした。そして、ファンに近いことは本当に重要です。この週末を友人のエステバン(グエリエリ)やファンと共有することも素晴らしいでしょう。長年にわたって考えており、そのために戦っています。今はそれを成し遂げ今週末は楽しめそうです。最後のセクションはかなりテクニカルで、最後のコーナーで多くはタイヤをロックしています。我々はタイヤをロックしないように車をセットアップする方法を知っているという我々が持っている秘密の一つがあります。これは本当に重要で、多分私たちはこれが有利な点になると思います」

エステバン・グエリエリ(カンポスレーシング):「良い予選だけど残念なレースの後、昨シーズンは惜しいがうまくいかないという気分でした。しかし、私は物事はある理由で起こると信じています。本当にパフォーマンスを出す機会でしたが、勝利を収めることができなかったので、いやな気持ちでした。それにもかかわらず、私はWTCCをより知るようになり、速くて良い印象を与えられるようになりました。昨年アルゼンチンで起こったことで我々が今ここにいるので、目標は達成されています。意味するところは我々が今ここにいるということです。私は今年のレースを本当に楽しむだろうし、人々が私を支えてくれることを願っているし、ベブ(ジロラミ)も応援してくれるだろう。この週末は他の週末と同じようにやっていくでしょうが、地元でレースをすることでさらに力が入るでしょう」

プレイバック2016年

ホセ・マリア・ロペスはアルゼンチンWTCCレース5回目の勝利で3度目のFIA世界ツーリングカー選手権のタイトル獲得を強め、世界選手権レースで優勝し傑出したフアン・マニュアル・ファンギオを凌駕した。エル・マエストロは、彼のキャリアの中で世界選手権27度の優勝をした。テルマス・デ・リオ・ホンドのメインレースでシトロエンドライバーのロペスの首位はアルゼンチンで28回目の勝利、その後117ポイントでWTCCチャンピオンシップでトップになった。「比較は常に難しいです」とロペスは言った。 「彼は、今までの誰よりも偉大だ。私たちがモーターレースで持っているすべては彼によるものです。しかし、それは個人的に素晴らしいことです。」 DHLポールポジションを高く主張するにもかかわらず、ロペスには徹夜で彼のC-Elyséeでエンジンを交換しなければならなかったときにオープニングレースでグリッドの後方に降格するという結果となるドラマがありました。トム・チルトンがロブ・ハフとイヴァン・ミューラーを倒して勝利を収め、ロペスは突っ走ったが5番手に終わった。ポールポジションからスタートしたロペスは、素早いスタートのノルベルト・ミケリスをメインレースで追いかけ7周目にリードした。 ミケリスはミューラーとの接触により順位を落とし、トム・コロネルとハフを残して表彰台となった。

コースガイド

テルマス・デ・リオ・ホンドサーキットは国民的英雄でトリプルチャンピオン、2013年のWTCCデビュー戦での勝利を含む5度の勝利をあげ圧勝しているのホセ・マリア・ロペスとともにアルゼンチンWTCCレースを4年に渡り開催している。ロペスが2017年のFIAフォーミュラEを試乗して、7月のWTCCの海外ツアーが開催されると、勝利の戦いは広く開かれるだろう。首都のブエノスアイレスの北1800キロ、アルゼンチンのサンティアゴ・デル・エステロ地域に位置し、テルマス・デ・リオ・ホンドサーキットは毎シーズンのMotoGPレースを行い、また博物館も併設しています。

コース情報

名前:テルマス・デ・リオ・ホンドサーキット

場所:アベニーダ・コスタネラ・プロロングシオン – リンコン・デ・アタカマ、4220 テルマス・デ・リオ・ホンド、サンティアゴ・デル・エステロ、アルゼンチン

ウェブサイト:www.autodromotermas.com

長さ:4.806キロメートル

オープニングレース距離:11周(52.866km)

メインレース距離:13周(62.478km)

ラップ記録(予選):エステバン・グエリエリ(シボレー・クルーズ)1分42.993秒(167.9Km/h)、2016/07/08

ラップレコード(レース):ホセ・マリア・ロペス(シトロエンC-エリゼ)、1分45.899秒(163.3Km/h)、2016/07/08

WTCC開催回数:4

タイムゾーン:GMT(グリニッジ標準時) -3時間

日の出/日の入り:08時08分 / 18時43分(7月16日)

平均気温:7〜20℃(7月)

歴代勝者

2016年:オープニングレース:トム・チルトン(シトロエンC-Elysée),メインレース:ホセ・マリア・ロペス(シトロエン)

2015年:レース1:ホセ・マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée),レース2:セバスチャン・ローブ(シトロエンC・エリーゼ)

2014年:R1:ホセ・マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée), R2:ホセ・マリア・ロペス(シトロエンC-Elysée)

2013年:R1:イヴァン・ミュラー(シボレークルーズ), R2:ホセ・マリア・ロペス(BMW 320)

5つの事実

1:同じ名前の街にテルマス・デ・リオ・ホンドサーキットは位置し2007年に造られが、イタリアのサーキット設計者ヤルノ・ザフェリ監修の下で2012年に完全なオーバーホールを行った。

2:WTCCと同様に、サーキットはスーパーTC2000ツーリングカー、フォーミュラ・ルノー、MotoGPイベントを開催している。

3:WTCCのアルゼンチンラウンドはもともと2011年にブエノスアイレスで開催される予定であったが、国際的な使用でのコース公認時に問題が発生した後にキャンセルされた。

4:地元ヒーローのホセ・マリア・ロペスは近年のWTCCで打ち負かし続けた人だったかもしれないが、アルゼンチンで最も有名なレーシングドライバーは、ファン・マヌエル・ファンジオのままである(1951年と1954年から1957年の5つのフォーミュラワン世界選手権の優勝者)。

5:南アメリカの最高気温と最低気温はアルゼンチンで記録されている。 1907年6月6日、パタゴニアのサルミエントで摂氏マイナス32.8度を記録した。 13年後、コルドバのビラ・デ・マリアで最高気温摂氏49.1度を記録した。

メディア情報

イベント報道オフィサー:ユアン・クルーズ・マチュス,[email protected]、+54 93516781332

メディア認定センターの所在地:メディア認定センターはサーキット入り口へのアプローチとなるラウンドアバウトにあり、次の日時で開かれている。:7月14日(金)、09:00-18:00; 7月15日(土)、07:00-18:00; 7月16日(日)、08:00-12:00

メディアセンターの場所/営業時間:メディアセンターはメインピットコンプレックスの1階にあり、7月14日(金)09:00-20:00,7月15日(土)07:00-20:00, 7月16日(日)08:00分-最後のジャーナリストが去るまで。

メディアダイアリー

7月14日(金)17:30-18:30 WTCCハッピーアワー。招待者のみ。参加に関心をお持ちの方は、[email protected]宛てにメールしてください。 7月15日(土)16:35(予約)/ WTCC MAC3記者会見(Media Centerに隣接するブリーフィングルーム)7月16日(日)11:00-11:30,サイン会(ピットレーン)15:35,オープニングレース表彰式 16:55,メインレース表彰式17:05(予定),レース後の記者会見(メディアセンターに隣接するブリーフィングルーム)。

レースダイアリー

7月15日(土)08:30-09:15フリー走行1,10:50-11:35フリー走行2,15:00-15:20予選Q1,15:25-15:35予選Q2,15:45(ピットレーンを最初の車両にオープン),予選Q3,16:15-16:30 WTCC MAC3, 7月16日(日)15:00-15:25オープニングレース(11周),16:15-16:45メインレース(13周)。

タイミング/上記アクティビティは暫定で変更される可能性があります。追加のアクティビティが手配されることがあります。

オンラインメディアセンター

新しいオンラインメディアセンターは、WTCCをカバーするメディアプロフェッショナルのためのワンストップショップです。このサイトにはプレスリリースアーカイブ、ダウンロード可能なプレスキット、イベントガイド、Q&A、高解像度の権利フリーイメージ、ドライバープロファイル、統計、結果、コースマップ、ロゴ、認定の詳細などが含まれています。詳細はhttp://media.fiawtcc.comをご覧ください。

暫定版チャンピオンシップと統計

ドライバー(20の内のラウンド10):1 モンテイロ 164; 2 ビョーク160; 3 カッツバーグ 154; 4 ミケリス 137; 5 ベナーニ、133;等

メーカー(10/20):1 ボルボポーラスター 494; 2 ホンダ466

WTCCトロフィー(10/20):1 ハフ 79; 2 チルトン 75; 3 ベナーニ 71; 4 グエリエリ 52; 5コロネル35;等

WTCCチーム(10/20):1 SLR 92; 2 ミューニッヒ 72; 3 カンポスレーシング 57; 4 RC 44; 5 ロアル 43;等

オールタイムレースで優勝(トップ5):Y.ミューラー 48; ロペス 29; ハフ 28; メニュー 23; タルキーニ 22

オールポールポジション(トップ5):Y.ミューラー 29; ロペス 21; タルキニ 17; メニュー 15; ハフ 12; ファーフォース11

オールタイム最速ラップ(トップ5):Y.ミューラー 38; ハフとロペス 29; タルキニ 24;メニュー20

オールラップをリード(トップ5):Y.ミューラー 571; ハフ 345; ロペス 301; メニュー 297; タルキニ 295

エントリーリスト
3 セバスチャン・ローブレーシング トム・チルトン(GBR)T シトロエンC・エリーゼWTCC
5 カストロールホンダ世界ワールドツーリングカーチーム ノルベルト・ミケリス(HUN) Honda Civic WTCC
9 ロアルモータースポーツ トム・コロネル(NLD)T シボレーRMLクルーズTC1
12 ALL-INKL.COMミューニッヒモータースポーツ ロブ・ハフ(GBR)T シトロエンC-ElyséeWTCC
18 カストロールホンダ世界ツーリングカーチーム ティアゴモンテイロ(PRT) ホンダシビックWTCC
24 RCモータースポーツ ケビン・グリーソン(米国)T LADA Vesta WTCC
25 セバスチャンローブレーシング メディ・ベナニ(MAR)T シトロエンC-ElyséeWTCC
27 セバスチャンローブレーシング ジョン・フィリッピ(FRA)T シトロエンC・エリーゼWTCC
34 ホンダレーシングチームJAS 道上龍(JPN) ホンダシビックWTCC
61 ポーラスターシアンレーシング ネスター・ジロラミ(ARG) ボルボS60ポーラースター
62 ポーラスターシアンレーシング テッド・ビョーク(SWE) ボルボS60ポーラースター
63 ポーラースターシアンレーシング ニッキー・カッツバーグ(NLD) ボルボS60ポーラースター
66 ゼンゴモータースポーツ ツォルト・デビッド・ザーボ(HUN)T ホンダシビックWTCC
68 RCモータースポーツ ヤン・アーチャー(FRA)T LADAベスタWTCC
86 カンポスレーシング エステバン・グエリエリ(ARG)T シボレーRMLクルーズTC1
99 ゼンゴモータースポーツ ダニエル・ナギ(HUN)T ホンダシビックWTCC
(T = WTCCトロフィー競技者を示す)

カタルニア・サーキットでのテスト中にクラッシュし、

メフディ・ベナーニは、2014年のWTCC上海ラウ

テッド・ビョークは、自らのキャリアを遡り、WTCC

...

08/09/2017 20:00 - 2017

9月6日(水)にバルセロナのカタルニア・サーキット

2011年以前、WTCCは中国本土でレースを開催し

F1のマクラーレン・ホンダでレギュラードライバーを