Back

News

カタールの地で歴史が繰り返されることを願うホンダ

カタールの地で歴史が繰り返されることを願うホンダ

26/11/2015 15:00

カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリング・カーチームは、ロサイル国際サーキットで開催される初のWTCCカタールラウンドで、歴史が繰り返されることを願っている。

2004年にロサイル国際サーキットで初めて開催されたモトGPでは、ホンダRC211Vに乗ったセテ・ジベルナウが勝利を収めている。今回は、シビックWTCCをドライブするチアゴ・モンテイロとガブリエル・タルキーニの番だ。

タルキーニは「もちろん、また新たなトラックだし、僕は写真しか見たことがない」と述べた。「経験のないところだったから、カーレースでのオンボードカメラの映像を探したんだけど、あまり手に入らなかったんだ。だいたいがバイクのものだった。トラックのことを技術的に分析するためにそれも見たけど、もちろんだけど同じじゃないし、あまり助けにはならなかったよ! それに、今回はナイトレースだ。僕ら全員が適応しなければいけない。でも、この経験に本当に興奮しているよ。新しいチャレンジができるのは良いことだし、見る人たちにとってもスペクタクルだろうね」。

2日にウィーンで開催されたFIA表彰式で、WTCCのトップドライバー3名が表彰された。シトロエンはマニュファクチャラーズ選手権優勝を表彰されている。

WTCCで3連覇を成し遂げたホセ・マリア・ロペスは、ウィーンでのFIAの授賞式を心待ちにしている。

先週のWTCC DHLカタールラウンドでメインレースを制したメフディ・ベナーニは、全力で臨んだことが勝利につながったと信じている。

WTCCのプロモーターであるユーロスポーツ・イベンツのフランソワ・リベイロ代表は、来季のタイトル争いはオープンになると述べた。

WTCCに戻ってきた今季の最終戦となった先週のカタールラウンドで、ジェームス・トンプソンはWTCCトロフィーの表彰台を手にした。

WTCC DHLカタールラウンドで表彰台に立ったテッド・ビョルクだが、ポールスター・シアン・レーシングにとって最悪なタイミングだったのかもしれない。