Back

News

タイのスリトライが母国でWTCCデビュー

タイのスリトライが母国でWTCCデビュー

09/10/2015 06:00

今月末に初めてWTCCが開催されるタイ。地元出身の英雄が、レースに参戦することになった。

タイのトップレーサーであるティン・スリトライが、10月31日から11月1日までブリラムのチャーン国際サーキットで開催されるWTCCタイラウンドで、カンポス・レーシングのシボレーRMLクルーズをドライブする。

カートからツーリングカーレースに挑戦する26歳のスリトライは、ヨコハマ・ドライバーズ選手権でポイントを獲得することができる。スリトライは「素晴らしい機会」だと称した。

だが、WTCCではデビューとなるスリトライだが、先月のツインリンクもてぎでのJVC KENWOOD WTCC日本ラウンドをサポートしたIMSPによるアジアでのツーリングカーシリーズを制すなど、すでに名の知られた存在だ。

WTCCのフランソワ・リベイロGMは、「スリトライをWTCCに迎えることができ、何よりもチャーン国際サーキットでの初のタイでのWTCCに迎えることができて、我々は本当にうれしく思っている。ティンはツインリンクもてぎでの勝利でそのポテンシャルを示したし、WTCCタイラウンドへの参加は、タイの国民やメディアにさらなる期待と関心を生むだろう。そしてカンポスに加わることで、ティンは若いドライバーたちを育ててきた経験豊富なチームと仕事をすることになる」と述べた。

2012年のバンコクでのチャンピオンズレースでタイを代表したスリトライは、「母国でのWTCCに参戦する素晴らしい機会を得られて、すごくうれしい。ベストから学ぶための、本当に大きなチャンスだ。母国のファンの前で、カンポスのシボレーを経験できるのが楽しみだ。大変な挑戦であることはよく分かっている。でも、将来的にWTCCにフル参戦できることを願い、ベストを尽くして知識を深めていきたい」と述べている。

ブリラムから車で2時間のコンケーン出身のスリトライは、カートで国際的に成功し、2010年にフォーニュラ・ルノーのシングルシーターに転向。2011年のフォーミュラ・ピロタ中国シリーズで見事なシーズンを送り、2012年からIMSPによるアジアでのツーリングカーシリーズで3連覇した。今季も4連覇に向かっている。彼の起用は、若い才能をプロモートしていくカンポス・レーシングのポリシーによるものだ。チームメートのジョン・フィリッピとウーゴ・バレンテも、それぞれ20歳と23歳だ。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。