Back

News

ドイツ、オープニングレースはロペスが勝利

ドイツ、オープニングレースはロペスが勝利

28/05/2016 12:25

ファイナルラップでチアゴ・モンテイロとイヴァン・ミュラーがクラッシュするドラマティックな終わりを迎えたWTCCドイツラウンドのオープニングレースは、ホセ・マリア・ロペスの勝利に終わった。

ポールポジションスタートのモンテイロが最初の2ラップはリードし、ミュラーとロペスのシトロエン勢が2位と3位につける。ボルボのテッド・ビョルクは2位につけていた2周目にオイルプレッシャーでリタイヤ。2周目の最後にミュラーがモンテイロにプレッシャーをかけるが、モンテイロがトップを維持した。

だが、モンテイロは最終ラップでトップの座を失う。バリアに激しくぶつかり、トラックの真ん中に戻った。ミュラーはこれを避けられず。ロペスはすり抜けた。モンテイロとミュラーはそれぞれ無傷のもよう。

シトロエンの仲間であるトム・チルトンに1秒差以上をつけ、ロペスが勝利した。チルトンは一瞬、ロペスを抜くことができたが、その後再びトップの座を譲っている。だが、チルトンはWTCCトロフィーで勝利した。

表彰台の最後の一つを手にしたのは、ホンダのノルベルト・ミケリス。ロブ・ハフが16位スタートから4位フィニッシュしている。

序盤に2位だったメフディ・ベナーニは、最終的に5位でフィニッシュ。ラーダのウーゴ・バレンテ、ガブリエル・タルキーニが続く。フレデリク・エクブロムとニッキー・カツバーグ、ザビーネ・シュミッツがトップ10を締めくくった。

トム・コロネルは5位だったが、最終ラップでリタイヤ。3位スタートだったメインレースも欠場することになった。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。

来月、WTCCにデビューするエステバン・ゲリエリ。2連覇中の王者ホセ・マリア・ロペスに続くドライバーにまつわる注目の10ポイントを紹介する。

エステバン・ゲリエリが来月のWTCCアルゼンチンラウンドで、王者ホセ・マリア・ロペスとともに地元のトラックを走ることとなった。

ドライビングで語るホセ・マリア・ロペスだが、今月のブエノスアイレス200キロではステアリングをマイクに持ち替えることになった。