Back

News

ハンガリー、テスト走行は本田が1.・2・3フィニッシュ

ハンガリー、テスト走行は本田が1.・2・3フィニッシュ

22/04/2016 13:13

WTCCハンガリーラウンドのテスト走行で、ホンダが1.・2・3フィニッシュを飾った。トップに立ったのは、地元出身のノルベルト・ミケリスだ。

ミケリスは30分のセッションの終盤に1分48秒112というタイムを出してトップに立った。2位はチームメートのロブ・ハフで、0.369秒差。3位はドライバーズ選手権トップのチアゴ・モンテイロだった。

ミケリスは「素晴らしいスタートだね。マシンはかなり良い感じだよ」と述べた。「まだ改善すべきところはたくさんあるし、週末にトラックがどうなるかは分からない。でも、ホンダが1.・2・3フィニッシュを飾ったのは理想的だね」。

モンテイロはセッションの大半でリードしていたが、残り10分でメフディ・ベナーニに抜かれた。セバスティアン・ローブ・レーシングのベナーニは、4位フィニッシュのシボレーRMLクルーズのトム・コロネルに抜かれて5位。コロネルはWTCCトロフィーでトップだった。

シトロエンの王者ホセ・マリア・ロペスは6位。ラーダのウーゴ・バレンテとニッキー・カツバーグが続き、シトロエンのトム・チルトンが9位。イヴァン・ミュラーが10位だった。ボルボ・ポースターではフレデリク・エクブロムが最速だった。

現在のWTCCで最も多くのレースをこなしている2012年王者、ホンダのロブ・ハフが、“ホーム”でのレースを前に日本のファンや食事、天候などについて語った。

ロブ・ハフは、来月のWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍が問題なく適応できると述べている。

来月のWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、シトロエンとホンダは同じウェイトで臨むこととなった。

ホセ・マリア・ロペスは地元でのWTCCアルゼンチンラウンドで、レースでの勝利以外の物も手にした。

WTCCアルゼンチンラウンドでWTCCトロフィーの勝利を収めたトム・チルトンとトム・コロネルはそれぞれ喜びを表している。

WTCCアルゼンチンラウンドのメインレースは、ノルベルト・ミケリスを倒し、地元出身のホセ・マリア・ロペスが勝利を収めた。