Back

News

フランスラウンド、オープニングレースはハフが制す ホンダデビュー戦で勝利

フランスラウンド、オープニングレースはハフが制す ホンダデビュー戦で勝利

03/04/2016 12:55

ロブ・ハフがホンダのドライバーとして完璧なスタートを切った。ポール・リカールでのJVCKENWOODフランスラウンドのオープニングレースで勝利している。

2016年からの新形式で、リバースグリッドが採用されたオープニングレース。2位スタートのハフは、ポールポジションを獲得したウーゴ・バレンテを上回ってフィニッシュした。2012年のWTCC王者はすぐにシトロエンのメフディ・ベナーニに2秒差をつけ、ホンダでの初勝利を挙げている。

WTCCトロフィーではベナーニが勝利したが、ホンダはノルベルト・ミケリスも3位、チアゴ・モンテイロが4位フィニッシュと、2016年は最高の滑り出し。モンテイロは9位から浮上しての4位にフィニッシュだった。ミケリスとモンテイロは残り3ラップでラーダのバレンテを抜いている。バレンテは5位でフィニッシュした。

シトロエンの王者ホセ・マリア・ロペスは、オープニングラップで11位に転落。チームメートのイヴァン・ミュラーのジャンプスタートペナルティーや、フレデリク・エクブロムのスピン、5周目のニッキー・カツバーグとトム・コロネルのコンタクトのおかげで、最終的には6位でフィニッシュとなった。

また、最終ラップにもクラッシュがあり、テッド・ビョルクがボルボS60ポールスターTC1での初レースを7位で終えている。ガブリエル・タルキーニはグレゴワール・ドゥムースティエとのコンタクトでエクブロム同様にリタイヤ。ドゥムースティエは10位フィニッシュとなった。

ニッキー・カツバーグが今週末、ベルギーのスパ・フランコルシャン24時間レースで連覇を目指す。

WTCC3連覇に向かっているシトロエンのホセ・マリア・ロペスが、メッシやファンジオ、ステーキ、忙しさ、そして8月5日から7日まで開催されるアルゼンチンラウンドでの勝利について語った。

WTCCアルゼンチンラウンドに向け、ラーダ・スポーツ・ロスネフチがギアを入れている。今月、スペインで3日間のテストを行った。

4月のWTCCハンガリーラウンドでは、オープニングレースでメフディ・ベナーニが2度目の勝利を手にした。また、トム・チルトンが10位スタートから見事な追い上げを見せ、セバスティアン・ローブ・レーシングがワンツーフィニッシュを果たしている。

9月2日から4日まで開催されるWTCC日本ラウンドでWTCCデビューを飾る道上龍は、成功のためにベストを尽くすと語った。

ホンダがファクトリーマシンを1台増やすことになった。9月2日から4日に開催されるWTCC JVCKENWOOD日本ラウンドで、日本人ドライバー道上龍が参戦することになったのだ。