Back

News

マカオ、テスト走行はミケリスがトップ

マカオ、テスト走行はミケリスがトップ

13/11/2014 11:06

WTCCのドライバーたちは13日、マカオラウンドのオープニングセッションに臨んだ。

30分間のテストセッションは、まずホンダ勢が登場。メフディ・ベナーニがセッションの大半をリードしたが、最終的にはノルベルト・ミケリスが最速タイムをたたき出した。

ベナーニは最初のラップで2分34秒377というタイムを出したが、直後にWTCCの舞台へ戻ってきたペペ・オリオラが、初のTC1マシンでのトライで2分34秒121というタイムを出す。

セッションの中盤、ベナーニは2分30秒799から2分29秒388と立て続けにタイムを更新してトップの座を奪い返した。

シトロエン勢は非常に慎重な姿勢を見せたが、イヴァン・ミュラーがタイムを伸ばし、2分27秒954という数字を出す。2013年の王者と同じペースを見せたのは、ミケリスだけだった。2分27秒969と暫定2位に続く。

だが、ミケリスはここからさらにタイムを伸ばし、2分27秒708という記録を残した。

王者に輝いたばかりのホセ・マリア・ロペスは2分28秒533というタイムで3位に入っている。

シボレー勢ではオリオラが7位(2分30秒123)と最高。ラーダではロブ・ハフが12位(2分30秒952)。チームメートのミハイル・コズロフスキーは序盤にトラック上で止まってしまい、リペアのためにピットインを強いられた。

TC2Tクラスでは、フランツ・エングストラーが2分41秒323と最速タイムを出し、チームメートのフィリペ・デ・ソウザを上回った。セッションの序盤にエングストラー勢はウォールにぶつかっている。

 

来季のWTCC開幕まで4カ月。4月9日にマラケシュで開催されるWTCCモロッコラウンドで期待できることはなんだろうか。

写真はFIA授賞式でシトロエン・レーシングのイヴス・マットン代表、WTCC王者ホセ・マリア・ロペス、2位イヴァン・ミュラーと一緒のモンテイロ。

FIA世界ラリークロスの王者マティアス・エクストロームは、2017年にWTCCが「ジョーカーラップ」を導入することに賛成している。

トム・チルトンが2017年のWTCCで目指すのは栄光のタイトルだ。セバスティアン・ローブ・レーシングとシトロエンCエリーゼWTCCで、イギリス人ドライバーとして3人目となる世界王者になることができると信じている。

イヴァン・ミュラーは、WTCCにマカオとモンツァが戻ってきたことを支持している。

ポールスター・シアン・レーシングは、最高の形で2016年のWTCCを終えた。テッド・ビョルクがボルボS60ポーツスターTC1で2レース連続表彰台を勝ち取り、ドライバーズ選手権で10位フィニッシュしたのだ。